第6区:柏原 竜二選手 競技後コメント


第6区 柏原 竜二 37:48(12.5km・区間4位)

1区の宮脇選手(トヨタ自動車)は、不調で12月からしか練習できなかったのに区間賞をとれた。なのに僕がとれなかったというのは、やっぱり意識の差だと思っています。そこを能力の差と認めてしまうといけないと思いますし、勝つんだという意識が、僕もどこか足りなかったんだと思います。

怪我を言い訳にしてはいけないですし、チームとしても個人としても今回は良くなかった。こんな悔しい駅伝は本当に久々なので、チームとしても個人としても、もっと貪欲にやっていかなければいかないと思いました。

社会人1年目という甘えを捨てていきたいと思ってやっていましたが、この結果だと“社会人一年目だから”と思われてしまう。そう思われるのも、自分が思っていたような走りができなかったのも悔しいので、1年目という甘えはないです。それは個人の力不足だと思っています。

今回は若いチームでしたが、経験になったじゃダメだと思うんです。それを見て周りの人がどう思うか、各チーム・個人がどう思うか。周りから、今回富士通がいいと思われていても力を出せなかったので、全体的に良くなかったと思います。

今後は1月13日から合宿があって、2月に青梅で走ると思うので、この悔しさを忘れずに自分が求めている結果を残していきたいと思います。もっと貪欲に強い人とあたって、立ち向かっていく力をつけたいと思いますし、つければチームもガラッと変わると思うので、そういう人間になっていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第57回全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP