高平選手競技後コメント


男子200m決勝 5位:高平慎士 20秒52

高平選手コメント
A標準まで持って来れたのは、悪くなかった証拠だと思っています。こんな状況になるとは思っていなかったですが、足を痛めて走り切ったのも、なんらかの意地が僕の中にあったので、それはプラス材料だと思います。負けたのは悔しいですが、行けなかったのを受け止めて、また上を目指さなければいけないなと思います。レースとしては、行って逃げ切るよりは、落ち着いて抜けてから行こうかなと思っていましたが、行けなかったのが正直なところ。あのタイムなら納得できるかなと思います。

自分の中では、大会に間に合うかどうか不透明な中で、取り組んでいることをいかにやれるかトライした、春先からの日本選手権の流れでした。それが形になったかはレースを振り返らなければいけませんが、自分ではすべて納得したし、これからもうちょっと上のタイムを目指せる材料もいっぱい見つかったので、良かったかなと思います。

今後は、あくまでも19秒台と世界大会のファイナルは目標においてやっていくべきところ。それはブレないようにやっていきたい。今回は10年ぶりに代表に入れないと思うので、それを見つめなおすための期間ができたと思い、そこからもう一歩踏み出せるように、ちょっと休んで考えたいと思います。

◇キャプテンとして
何人世界選手権に行けるかはまだわからないですが、行けた人は日本の、富士通の代表として頑張らなければいけないと思うし、その中で向こうで戦って悔いがないようにやってきて欲しい。掴んだ切符を無駄にしないように、やってきて欲しいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP