高瀬選手競技後コメント


男子200m決勝 3位:高瀬慧 20秒48

高瀬選手コメント
A標準を突破できたのは、すごく大きいと思いますが、同着3位で世界選手権を決めきれなかったのは残念というのはあります。ただ、今シーズン振り返るとすごく悩んできたので、今日ふっきれたレースができたのは収穫だったと思います。レース内容としては△ですね。前半、もうちょっとしっかり入っていたらとも思いますが、最後の接戦は気持ちの勝負で、執念で同着まで持ち込めたかなと思います。

今大会は100mも出た上で、この4本目の17時50分からのレースにピンポイントであわせるという気持ちを持っていました。結果的に、自己ベストは出なかったですが、シーズンベストは出たので、そういう意味では合わせられたかなと思います。何より、気持ちがふっきれたのは、すごく大きい。今まで、前半行こうか行かないか、後半どうやって行こうかと、迷いのレースが続いていました。レースの中でも迷っているし、始まる前も、という状況が続き、1か月間悩んで気持ち的に沈んだ面もありました。それが、この日本選手権でふっきれたのは、大きいかなと思います。

今後は、200mで日本代表に選ばれるのを祈って、目標は世界選手権の準決勝で自己ベスト更新。そこをセミファイナルに持ってこれる、そういう強さを持ちたいなと思います。それは、あと2か月の準備期間にかかっているし、そのためにアメリカにもいって、どういう風にあわせたらいいかわかっているつもりなので、強い気持ちを持って頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP