福嶋監督総括コメント


福嶋監督総括コメント
一般種目の選手たちに関しては、東日本実業団含めて、春先からの試合の流れがあまり良くなかったのですが、それでもこの日本選手権に向けて、もう一度練習内容なんかを工夫をし、高瀬、塚原、澤野、岸本あたりはぴったり合わせて力を出し切ってくれたと思います。
高平についてはたまたまこのタイミングでというのもあるだろう。今までずっと代表として陸上界を引っ張ってきた選手なので、ここで少しリラックスする時間というのがあってもいいとは思う。あとは(代表選考を)待つという形しかできないので、彼をどう評価してもらえるかという部分ですね。まだまだ必要な選手だと思うし、必要としてくれているとは思うので、そこは信じたい。

中・長距離については、10000mの柏原は万全とは言い難い状況でどこまでいってくれるかというところだったが、次に向けてしっかり作り直していこうという風に本人とはレース後話しています。1500m、5000mについては正直、トップを狙いにいった。1500mは誰が勝ってもおかしくないレース展開になってしまい、田中の持ち味が出せずもったいなかったなという思い。5000mは村上も星も状態は良く、個人的には村上がいくかな?と思ってはいたが、今回は星がいってくれた。富士通の日本選手権のトラック競技では恐らく初のタイトルだろう。

今後は長距離は夏の間にしっかり走り込みをして、ホクレンサーキット、十和田駅伝に出場する予定です。一般種目はいよいよ世界選手権なので、そこでしっかり自分のパフォーマンスをしてこられるようにしていきたい。

去年、一昨年と200m、800m、1500mの3つで選手権を制覇しましたが、今年は400mHと5000mだけなので、数の面ではちょっと寂しいかな。でも、日本選手権は紙一重だと思うので、それぞれが次に繋がる何かを得られたということが、大事だと思っています。

3日間大きなご声援をいただきありがとうございました。
今シーズンはまだ序盤です。夏にしっかりとトレーニングを積み、秋以降の大会でまた良い結果を出せるように頑張っていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP