100mを10秒67で走り、7m42ジャンプする男


記録で見るとただの数字ですが、やっぱり生で見ると、
改めてその身体能力のすさまじさに、驚きを隠せません。

日本選手権、混成競技に出場中の音部拓仁選手。
最初の競技となった100mは、10秒67で走りきり、種目別優勝。
1組目の中でも、ぶっちぎりの1位でした。

さらに続く走幅跳は、自己ベストを久々に更新。
7m42の大ジャンプを披露。

複数の競技を、ハイレベルでこなす様子は、まさにキング・オブ・アスリート!
この後も記録更新に期待です。

🔗 Twitter ★混成・日本選手権 速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP