最終結果


来年のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)への出場権獲得を目指し、東日本実業団駅伝に臨んだ富士通陸上競技部。前半から早くも先頭集団が飛び出し、富士通は苦戦を強いられるが、後半に素晴らしい追い上げをみせた。一部遅れた区間はあったものの、4区の佐藤佑輔選手が順位を8位まで上げると、6区の星創太選手が区間3位という素晴らしい走りを披露。順位を4位まであげた。最後までこの4位をキープし、最終的にトップと3:09秒遅れでゴールした。

<結果>

1位 コニカミノルタ 3:49:34
2位 日清食品グループ 3:50:18
3位 Honda 3:51:17
4位 富士通 3:52:43
第1区 10位 34:27/山口 祥太 34:27(11.6km・区間10位)
第2区 10位 1:21:02/久我 和弥 46:35(15.3km・区間8位)
第3区 10位 1:48:19/ジョハナ マイナ 27:17(9.2km・区間9位)
第4区 8位 2:17:54/佐藤 佑輔 29:35(9.5km・区間4位)
第5区 7位 2:41:46/村上 康則 23:52(7.8km・区間3位)
第6区 4位 3:11:58/星 創太 30:12(10.6km・区間3位)
第7区 4位 3:52:43/柏原 竜二 40:45(13.5km・区間4位)

🔗 本大会の模様を公式ツイッターで実況します!
🔗 東日本実業団駅伝特集ページはこちらから
🔗 富士通陸上競技部HP