福嶋監督総括コメント


福嶋正監督コメント

風が強くなることも予想できたので、選手たちには「とにかく攻めるレースをしよう」と話しました。あとスタートリストを見て、1区が思った以上に選手が集まっていたので、レベルの高い1区になるのかなと思いました。

山口は1区であまり外したことがないのですが、今日はあまりいいレースができなくて、先頭から57秒空いてしまった。それ以降は向かい風が強い区間が続くため、1区が出遅れると後ろの集団でのレースしかできなくなるのはわかっていたので、そのまま4区までいってしまうかなと思いましたね。後は5~7区で、どういうレースができるかだと思っていました。

そういう意味で10番からスタートして4番になったのは、そこそこあげたと思いますが、やはり物足りなさは残る。そういう印象を、素直に持ちましたね。

収穫は、選手たちに経験を踏ませられたということだけですね。それも、選手たちが次の大会に生かさないと意味がない。これからニューイヤーまでチームはどうにでも変えられますし、星も故障明けで万全ではなかったし、柏原も本来なら主要区間で走る選手。富士通は総合力で戦うチームなので、ニューイヤーまでの2か月をどう過ごすか。それに尽きると思います。補欠に回った選手も実績を残しているので、これで奮起してチームとしての底上げにつなげたいと思います。やはりなんでも、ひとつにまとまらないとダメですから。そういうことを忘れずに、ひとりひとりが本気になってやって欲しいと思います。

ニューイヤーに向けては、最低でも去年の6位以上、そしてひとつでも上を目指したいと思っています。後2か月、選手と一緒に本気になって練習で追い込んで、仕上げてスタートラインに立たせてやりたいと思います。

🔗 本大会の模様を公式ツイッターで実況します!
🔗 東日本実業団駅伝特集ページはこちらから
🔗 富士通陸上競技部HP