福嶋監督総括コメント


雨が降ると長距離的には有利ですが、トラック&フィールド競技的には厳しい条件となりました。日本選手権は条件よりも勝負が大事なので、選手たちはここに向けて頑張ってきました。コンディションはギリギリ間に合った選手もいれば、ある程度いい状態で臨めた選手とばらつきはありました。それはしょうがないことなので、現状でいかに自分の力を出しきれるのかが、ひとつのテーマになっていたと思います。
岸本は怪我でなかなか練習できなかったにも関わらず、今年初めての400mHで2位という結果を残しましたし、横田も調子が上がってきました。そういった意味では次につながるレースをしてくれた選手が多かったです。

8月の世界選手権も重要ですが、来年のリオを集大成としている選手も多い。そこにつながるレースができた選手もいれば、悔しい思いをした選手もいますが、自分たちの立ち位置を見つめ直して、もう1回やってほしいですね。リオがすべてなので、そこに富士通から代表を何人出せるか。それぞれのブロックで整理して、しっかり強化していかなければいけないと思います。

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP