連敗…でもまだ終わっていない!


一昨日に続く敗北…。
57-73
レッドウェーブにとって、今シーズン初の連敗はファイナルの大舞台でした。

敗因のもっとも大きいものはシュートの精度。
いや、ゲームスタッツを見れば、高さに分があるJX-ENEOSのフィールドゴール%を34%に抑えているあたり、レッドウェーブのディフェンスはよく頑張りました。

課題の1つだったリバウンドだって、JX-ENEOSの46本(OFF15本、DEF31本)に対して、レッドウェーブも46本(OFF14本、DEF32本)で同数なんです。

日本代表のスタメンインサイドに食らいつく姿勢は本当に評価できるものです。

そのJX-ENEOSが誇るインサイド陣に対して、レッドウェーブのインサイド陣もけっして逃げなかった。ポジション争いも熾烈を極めていました。

それでも……
JX-ENEOS戦のポイントになる部分では頑張っていたけれども、記者会見に出ていたレイ(#1三谷)の言葉を借りれば
「大事な場面でオフェンスリバウンドを取られて、セカンドチャンスからシュートを決められてしまった」
し、同席していたルイ(#10町田)のコメントは
「レッドウェーブもオフェンスリバウンドに飛び込んでいたんだけど、それが得点につながらなかった」
ちょっとしたところからジワジワと点差が開いていき、十分なリードを得たJX-ENEOSは残り時間をうまくコントロールしていたように思います。

あと1つ負けてしまえば、それで終わりです。
しかし、かつてプロ野球の日本シリーズ(7戦4先勝方式)で3連敗をしたジャイアンツが、そこから4連勝して日本一になった例があります。つまり、まだ終わっていないんです。

2試合連続で試合終了のブザーをベンチで聞くことになった主力たち。
年齢的にも、経験的にも若い選手たちだけれども、最後にレッドウェーブのスタメンとしての意地を見せてほしい。

舞台がまるで異なるとはいえ、レギュラーシーズンでJX-ENEOSに勝ち越し、皇后杯でもギリギリまで追い詰めたのは間違いなく主力の彼女たちなのだから。

能の世界に「守・破・離」という言葉がある。
大まかに言えば、まずは教えられたことを忠実に守り、次にそれを破り、最後はその原則から離れていくこと。
そうすることで、何ものにも捉われない自分の形ができあがってくる、ということらしい。

チームのルールを守ることは大切。
しかしときにそれを破り、状況を転換させることがあってもいい。

PRIDE&PASSION

崖っぷちの今こそ、スローガンの1つであるプライドをかなぐり捨てて、女王JX-ENEOSに挑んでほしい。

勝利を信じつつ、一方でファンはレッドウェーブのひたむきなプレイに心を打たれ、応援の声をあげてくれているのだ。巻き返そう。まだ今シーズンのレッドウェーブは終わっていない。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


切り替えの第2戦


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは。

木曜日のファイナル第1戦を完敗で終えたレッドウェーブですが、落ち込んでいる時間はありません。今日はファイナル第2戦。

もうやるしかない。気持ちを切り替えて、もう一度レッドウェーブのバスケットでJX-ENEOSに立ち向かいます。

1つ負けたって、あと3つ勝てば優勝なんだ。

第2戦の舞台は群馬県前橋市のALSOKぐんまアリーナ。
前橋と言えばリー(#12篠原)の地元。
地の利を生かして(?)、今日は勝つ。

ティップオフは13時。

今日も応援よろしくお願いします。

🔗 4月4日(土曜日)13:00~【LIVE】 NHK BS1

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


恵みの雨に変えよう!


完敗です…
51-77
まったくレッドウェーブらしさが出せないまま、試合終了のブザー。
…それが鳴ったかどうかさえ、覚えていません。

でも、これがファイナルです。
これがJX-ENEOSサンフラワーズの強さです。

ブロックされ、次元の違う高さでリバウンドを奪われ…

レッドウェーブのほとんどの選手にとって初めてだったファイナルの空気感を知り、JX-ENEOSの強さを改めて痛感したところから、再び立ち上がろう。

BTヘッドコーチは記者会見で
「今シーズンのスローガンである『PRIDE&PASSION』が出せていなかった」と悔しそうに言っていました。

もう一度、シーズンが始まる前の、みんなで頂点を目指そうと決意したときの熱い気持ちを思い出し、そして、7年前に頂点に立ったチームに対する矜持を胸に戦おう。

今日もカメラでは撮りきれないほどのファンの方々が応援に駆け付けてくださいました。深く感謝するとともに、せっかく来ていただいたゲームで完敗を喫して、申し訳ない思いでいます。

選手やスタッフは第2戦以降がありますが、もしかしたら今シーズンのファイナルを生で見られるのが、今日の第1戦だけだったファンもいらっしゃったかもしれません。そう思うと、ただただ申し訳なく…
むろん選手たちも途中で戦意を喪失したわけではありません。その点はご理解ください。そのうえで、生観戦はできないとしても、第2戦以降もまたレッドウェーブを支えてください。

選手、スタッフ、そしてファンが力を結集して、巻き返していきましょう。

やまない雨はありません。
今日の雨(完敗)を恵みの雨に変えればいい。

ファイナル第2戦は、4日(土)13時から、群馬県前橋市のALSOKぐんまアリーナでおこなわれます。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


いざ、ファイナル!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

ついにこの日が来ました。
7年ぶりのファイナルです。
第1戦の舞台は福島・郡山総合体育館。

対戦相手はJX-ENEOSサンフラワーズ。
目下リーグ6連覇中のチャンピオンです。

7年ぶりのファイナルで、JX-ENEOSが6連覇中…
そう、6年間続いているJX-ENEOSの天下の前にリーグチャンピオンだったのは
レッドウェーブなのです。

つまり、今回は挑戦者として臨む一方で、女王の座を取り返すファイナルでもあります。

選手、スタッフもしっかりと準備をしてきました。

ファンのみなさんも準備万端ですか。

さぁ、頂点に向かって、選手、スタッフ、ファンが一体となって走り抜けましょう。今シーズンの残り試合も最大で5つ。

これまで以上に熱い応援をよろしくお願いいたします。

🔗 4月2日(木曜日)19:00~【LIVE】 NHK BS1

🔗 試合速報はこちら→http://www.wjbl.org/

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP