【サマーキャンプ2014】対新潟アルビレックスBBラビッツ戦


○71-67

◆第1クォーター
スタートはレイ(#1三谷)、ヨウ(#3石川)、パル(#45名木)、ルイ(#10町田)、新人のシィ(#11篠崎)。1日2試合という厳しい日程のなか、レッドウェーブは激しいディフェンスから速攻を繰り出し、ペースを作りだしていく。新潟も(7)星希望の1対1、(11)井上愛の3ポイントシュートなどで応戦するが、レッドウェーブはシィ(#11篠崎)が3ポイントシュートを連続で返して、ペースを失わない。最後はベンチスタートのダイ(#8鈴木)がフリースローをしっかり沈めて【19-15】で終える。

◆第2クォーター
まだまだ未完成ながら徐々にチームディフェンスの形が固まりつつあるレッドウェーブは、トランジションの速いバスケットで得点を伸ばす。しかしメンバーチェンジを繰り返している間に、新潟の連動したコンビネーションオフェンスが決まり出し、ゲームは一進一退の展開となる。レッドウェーブはマリ(#14橋詰)が力強いオフェンスを見せるが、最後は新潟の(0)梅木智加子にシュートを決められ【33-34】で前半を折り返す。

◆第3クォーター
リズムに乗りたい新潟はゾーンディフェンスを敷いて、レッドウェーブの苦しめようと試みる。しかしその1回目の攻撃でルイ(#10町田)からヨウ(#3石川)へのアシストが決まり、相手の策を打ち砕く。またレイ(#1三谷)からシィ(#11篠崎)へのワンパス速攻、シィ(#11篠崎)の3ポイントシュート、パル(#45名木)のバスケットカウントなどで得点を伸ばしていく。一方の新潟もセンターの(53)近藤紗奈が2本の3ポイントシュートを沈めるなどして、対抗する。【52-51】、1点差で最終クォーターへ。

◆第4クォーター
パル(#45名木)、ヨウ(#3石川)、ダイ(#8鈴木)、ルイ(#10町田)、アズ(#32永井)で入った第4クォーターは、新潟の(12)上酔尾巳唯、(8)岩村裕美の連続3ポイントシュートで幕を開ける。レッドウェーブはすぐさまレイ(#1三谷)とシィ(#11篠崎)を投入すると、ルイ(#10町田)、ヨウ(#3石川)、レイ(#1三谷)が次々に3ポイントシュートを決めて、息を吹き返す。残り1分で【65-65】。レッドウェーブのエンドスローの場面で、ルイ(#10町田)からシィ(#11篠崎)へのパスが決まり、2点リード。新潟の(12)上酔尾に決め返されるが、またもルイ(#10町田)のアシストをシィ(#11篠崎)が3ポイントシュートで沈めて3点リード。ファウルゲームに持ち込まれたが、ルイ(#10町田)がフリースローをしっかり決めて【71-67】で新潟を振り切った。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP