3位決定戦を終えて(レイ)


#7レイ、試合後コメント
まずこの試合を振り返って、出だしからすごく気持ちも入っていたし、いい感じで試合に入れたと思う。ただ(個人的には)大会通してもそうですが、自分の役割である3ポイントはあまり決められていないし、悔しい部分はあります。
3Qの出だしでちょっとピリッとしない部分もあったけど、気持ちを切らさずにディフェンスを粘って我慢して、自分たちのペースに戻すことができました。
この大会を日本を舞台にしてやれたという事でいい経験ができた。でもその一方で、お客さんの歓声をプレッシャーに感じてしまったらどうしようとも思ったんですが、それはまったく違って、本当にすごく力になったし、ありがたかったというのが素直な気持ち。だけど、最初にも言いましたが、この大舞台で自分の役割をきちんと果たせなかったのは、やっぱり自分はまだまだだったかなと思います。

川崎で応援してくれてるチームのみんなへ
大会期間中、メールとかも励ましの送ってくれたりして、本当にうれしかったし、励みになった。今度は私たちがここで得たものを今度はチームに持ち帰って、還元できるようにするのがお返し。また頑張りたいと思います。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 第24回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権


全員バスケット


12人みんなで繋いだ、世界最終予選への望み。「正直、目標を見失いそうだった」と、大神選手も記者会見で言っていました。

でも―――――!!

※全員載せきれなくてごめんなさい。

強い気持ちをもって、みんなで望みを繋ぎました。
来夏行われる世界最終予選でもう一度、ロンドンへの切符をつかむために。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 第24回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権


チャンスはまだある!


本日のスターティングメンバー5人。ベンチのハヤブサ・ジャパン、会場で声援を送ってくださった皆さん、そして日本中のファンの皆さんの思いを受け止めて戦いました。

途中、最大で22点差にまで広がったときも、

心をひとつにして、追いかけました。追い上げは実りませんでしたが、明日、チャイニーズ・タイペイとの3位決定戦で勝てば、来年行われる世界最終予選への切符をつかむことができます。

そうです、行くんです!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 第24回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権