We are back!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

皇后杯のセカンドラウンドで敗れたアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスとのリーグ戦での再戦 in 旭川。

勝ちました

レッドウェーブ 72-55 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

途中、何度か粘られる場面もありましたが、しっかりと突き放すあたり、レッドウェーブの強さが戻ってきた感じです
ただリバウンド総数で負けているので、そこは大いに反省しなければいけませんが

戻ってきたと言えば、今日は#12リー(篠原)がいい仕事をしてくれました。
最近、ややおとなしかった(?)#12リー(篠原)ですが、今日は得点面でも、

ディフェンス面でも存在感を示してくれました。
特にスクリーンプレーに対するディフェンス、よかったよなぁ


称して、スプリントバック

BTテーブスヘッドコーチは「彼女はベテランだから、これくらいじゃ褒めないよ」と言っていましたが、最後には
「でも今日はリーがよく活躍してくれた」
って……褒めてんじゃん

また最近のゲームで少し苦しんでいた#21ナル(松本)も今日は活躍してくれました


3ポイントシュート3本を含む13得点
やはり彼女の得点能力は高い
ターンオーバーもゼロです
BTテーブスヘッドコーチは「今後のチームの進化に#21ナル(松本)の成長は欠かせない」と言っていました。
さぁ、ここから波に乗っていこう

そして、もうひとり……


#16クゥ(栗林)が戻ってきました
おかえり、クゥ

シーズン前のケガで出遅れ、ようやく戻ってきたかと思ったら、復帰戦でまた別のケガ
今年中の復帰は苦しいかなと思っていましたが、驚異の回復力

まだまだ接戦のゲームに入っていけるほどの感覚は戻ってきていないようですが、レッドウェーブが勝ち上がるためには彼女の存在も不可欠です

さぁ、年内は明日を含めて、

あと2試合

復調してきた選手も増えてきたし、明日もしっかり勝って、年内のラストゲームにつなげよう

本日も応援ありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


夢見る子どもたちに


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

宮崎での山梨クィーンビーズ戦に連勝したレッドウェーブは今週末、#10ルイ(町田)の故郷、北海道・旭川に向かいます

その前に宮崎でも旭川を感じる場面がありました。
それはコートサイドを埋め尽くしたキッズ席です。


都城でも、宮崎でもこの形。
毎年旭川で試合をさせていただいている私たちはこれを

旭川スタイル

と勝手に呼んでいましたが、宮崎でもこのスタイルを取ってくれるとは……

以前にも話したことがありますが、#10ルイ(町田)はこのスタイルから生まれた選手
幼いころ、Wリーグの試合を見て、自分もこうなりたいと思っていたそうです
もしかすると数年後(十数年後?)、ここからレッドウェーブの、もしくはWリーグの選手が生まれてくるかもしれませんね。
「小さいころ、地元に来た富士通と山梨の試合を見たんです」って言う子が……そう考えるとワクワクしますね。

みんな、頑張って

コートサイドだけでなく、2階の応援席でも少年少女を中心に、多くの方々に応援していただきました。

ありがとうございました

あ、サイドだけじゃなく、2階のエンド側もね

ありがとうございました

みなさんとの接点は試合前のセレモニーか、試合後のわずかな時間しかありません。
でも選手たちはみなさんとの時間を大切に思っています。


多くのファンの方々、とりわけバスケット選手を夢見る子どもたちのためにも、レッドウェーブはよりよいバスケットを展開して、勝利につなげていきたいと思います。
引き続き、みんなで一緒に戦いましょう

ということで、旭川シリーズを楽しみにしているみなさん、週末会えることを楽しみにしていまーす


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


苦しんでいてもすごいんですって!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

宮崎市に舞台を移した山梨クィーンビーズとの第2戦。
勝ちました

レッドウェーブ 69-60 山梨クィーンビーズ

終始波に乗り切れないというか、レッドウェーブらしいバスケットを展開できませんでした
こう書くと、いつも一生懸命応援してくださっているファンのみなさんにお叱りを受けるかもしれませんが、長いシーズン、こんな時期もあります
まずは勝って、次につなげていくことが大切だと思っています。
順位も

3位

に浮上しましたし

とはいえ、選手もコーチも満足しているわけではありません
これでいいとは思っていませんし、#11シィ(篠崎)も試合後のコメントで消化不良と言っています。

それでもやっぱり#11シィ(篠崎)はすごいんですよ。
「もっとやりたいこともあったし、できることもあった」と言いますが、今日もいいアタックを何本も見せてくれました。


絶妙なボディバランス、ボールコントロール力を生かして、多少のディフェンスには負けずにシュートを打ち切りますし、


視野の広さから絶妙なパスも出します

もちろんディフェンスだってハードに守ってくれます

いや、ホント、かっこいい

それでいて、ときにはボールがすっぽ抜けて、空中で苦笑いすることもあるし


いや、それ以上に、試合前のセレモニーではエスコートキッズに、こんな感じで話しかけているんですよ
もう……

 

惚れてまうやろー

今はちょっとチームの内容的に停滞気味ですが、大丈夫、きっと#11シィ(篠崎)が突破口になってくれるはず

来週はアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスとのゲームです。
皇后杯セカンドラウンドで負けたチーム
あの借りはきっちり返させていただきます

今週も応援ありがとうございました


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


反省が多い中で見つけた光明


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

宮崎・都城市でおこなわれた山梨クィーンビーズとの初戦。
勝ちました

レッドウェーブ 80-42 山梨クィーンビーズ

勝ちはしましたが、内容はけっしていいものではありませんでした
特に前半はさまざまな場面でミスが多く、BTテーブスヘッドコーチの喝が入るほど
優勝を目指すチームとして、これでいいのか? と問われても無理のないゲームでした

ただ、選手たちは今の自分にできることを精一杯やろうとしています。
それが垣間見えたのがリバウンドでした

たしかに高さで分があるのはレッドウェーブです。
逆にボックスアウトのミスからリバウンドを取られるシーンもいくつかありました
そこは反省点。
それでも取りに行こうとする姿勢は今後につながります

たとえば#99モニカ(オコエ)


高さと強さで相手を圧倒していました

#14マナ(田中)はリバウンドに自信を持っている選手です。


かつてWリーグで活躍したセンター(レッドウェーブの選手ではないのですが)が、こんなことを言っていました。
「リバウンドは取りに行かなきゃ取れない」
当たり前のことのように思われるかもしれませんが、当たり前ことをどれだけ徹底できるか。
とにかく取りに行く。
飛びつく。
どんなときでもそれをし続けていると、なぜかボールが自分のほうに飛んでくるんだそうです。

マナもしっかりと飛びついて、手を伸ばして、取りに行きました。
もちろん取れないときもありますが、それでも取りに行くことが重要なんです。


2人だけじゃない。

リバウンドが持ち味ではない選手も必死に食らいつきます。
写真は#15ウィル(山本)


試合の終盤、ゲームの勝敗がほぼ決まりかけていたときでも、リバウンドにはプライドを持っていたのが#9ショウ(村山)です。


反省点の多いゲームでしたが、それはそれとしてしっかりと次に生かしたい。
その一方で何かリーグ戦再開後の重たい雰囲気を変えるきっかけを探るとしたら、そのひとつにリバウンドがあったように思います
取った取らなかったではなく(それももちろん大事ですが)、取りに行ったかどうか。

明日も山梨戦。
今日の反省にしっかりと向き合いながら、よかったところはどんどん伸ばしていきたい

今日も応援ありがとうございました
明日も今日以上の応援をよろしくお願いいたします


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集


アグレッシブなスイッチオン!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

先週末のデンソーアイリス戦を1勝1敗で終えたレッドウェーブ。
できれば2連勝で、今年のレッドウェーブは違うぞ、と見せたかったのですが……
それはまた次へのお楽しみです

さて、そんななか、11月のブレイク期間中に、どうも変わったように感じる選手がいます。
Twitterでも何人かのファンの方が挙げてくれていましたが、


#25キラ(内尾)です。

キラといえば

ディフェンスの人

という印象があるかと思います。
実際、デンソー戦でも今、リーグの中でも勢いのある若手選手をしっかり守っていました


が、オフェンスはどうかというと、お世辞にも積極的にアタックするタイプではありませんでした
もちろんチームビルディングのベースはディフェンスなので、キラの存在は絶対に欠かせないのですが、
「あのディフェンスに、オフェンスが加われば……」
そう思っていたファンの方も多いのではないでしょうか?

それがデンソー戦では3ポイントシュートを放つシーンも増えましたし、


何より積極的にゴールに向かおうという姿勢が見えました。
初戦は#25キラの得点から始まりましたから
これ、今シーズン初のことだし、これまでを振り返っても、いつまで遡ればいいのか……

2試合目には連続したディフェンスとの駆け引きからフロントチェンジでかわしたドライブまで

圧巻でした

本人も
「これまで相手チームから、どちらかといえば捨てられていたので……それが悔しくて。少しずつでも積極的に攻めていこうと思っていました」
と語ります。

頼もしい

今週末は宮崎で山梨クィーンビーズとの対戦になります。
#25キラにも積極的に攻める姿勢を見せてもらいましょう

ちなみにキラの弟さん(聡理さん)は福岡第一高校の3年生。
夏のインターハイを制し、ウインターカップでも優勝候補の大本命に挙げられているチームでスタメンを任されています
しかも#25キラ同様、ディフェンスを得意とする選手です
ウインターカップを見る予定のある人はぜひチェックしてみてください
「弟に負けないよう、私も頑張ります!」
キラ聡理さんも、そして出場する高校生たちも、みんなガンバレ


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★Red Wave公式アカウント
🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 21st Wリーグ特集