”町田タイム”、でもそれだけじゃなくて


その昔、「今日は“まゆみタイム”来ました」と自分で言っていた人がいましたが、まさに先週末のトヨタ紡織との第2戦、第4Q残り5:29【53-62】9点ビハインドの場面で、それはやってきました。

まさに“町田タイム”
そこは自由に名付けてもらってかまわないんですけどね、「町田 ザ・ワールド」でも「町田無双」でも「町田 with B」でも。

富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくてそれまで4ファウルで、一時ベンチに下がっていた#10ルイ(町田)が交代出場。コートに戻ると、ゲームは一変したのです

まずは自ら打った3ポイントを成功

富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて

そして、これ。ディフェンスリバウンドからパスをもらうと、ブレイクではるか先を走る#5ナオ(曽我部)を見つけてワンパス。コートの端から端までを縦断する見事なパスに、会場からは「ウォーー」っと歓声が沸きあがりました🤗。

富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて 富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて 富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて

さらに、#12リー(篠原)に1対1を促すようなメッセージのこもったパス。しっかり、#12リー(篠原)もこれに応えて決めます

ここまでが約1分間の出来事。一気に点差は【60-62】と2点差に💪🏼。

トヨタ紡織はタイムアウトを取りましたが、この一瞬のゲーム展開に会場もザワザワ。「まっちーすごいな」と、ところどころから聞こえてきます。ざわ…ざわ…、ざわ…ざわ…。

続いてタイムアウト明け、#12リー(篠原)の1対1が決まって同点。【62-62】
相手に1本決められた後、ウィル(#15山本)の3ポイントでついに逆転。【65-64】
もう一本#12リー(篠原)が決めて、【67-64】
そしてトヨタ紡織が、残り2:12で再びタイムアウト

僅か3:17の間に、両チームのポイント数で言えば【14-2】。スコアが数分でひっくり返ってしまいました。
タイムアウト中も、「ついさっきまで10点差ついてへんかったっけ?」とザワつく場内。

その後も勢いが最後まで続いたチームは、最終的に【74-66】で勝利しました。きっと北海道に続いて、大阪でも#10ルイ(町田)ファンが増えたはず

もちろん、このチームの勢いはすごかったわけですが、それもここまでつないでくれたチーム全員の頑張りあっての逆転勝利。#5ナオ(曽我部)に#9ショウ(村山)#11シィ(篠崎)も奮闘

最近、“流れが悪くても自分が決めてやるぞオーラ”出まくりのウィル(#15山本)も、チームトップの21得点としっかり仕事を果たしてくれました。

富士通レッドウェーブ “町田タイム”、でもそれだけじゃなくて 山本千夏ちなみに最近#10ルイ(町田)のインタビューがメディアに掲載されたので、そちらもよろしくお願いします

🔗 【連載】篠山竜青の「おかげ様です」第4回 富士通レッドウェーブの町田瑠唯と対談 | バスケットボールキング

今週末は、待ちに待ったホームタウンゲーム、とどろきアリーナでのデンソー戦。
1月20日(土曜日)17:00〜 @川崎市とどろきアリーナ
1月21日(日曜日)14:00〜 @川崎市とどろきアリーナ

しっかり魅力的なゲームを見せられるように。
“町田タイム”みたいな展開は理想的ではありますが、もちろんいつもそんな簡単にはいきません。
だから、そうじゃない時でも戦う姿勢を忘れない、見ている人に何かが伝わるようなプレーを目指して、最後の1秒まで全力で戦います。
ぜひ会場で応援よろしくおねがいいたします!

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集