それぞれの良さ


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

土曜日の兵庫・赤穂でのゲームに続いて、日曜日は大阪・堺でのvsトヨタ紡織第2戦。第4Qまでビハインドと我慢のゲームでしたが、最後の爆発力で勝ちました。

富士通レッドウェーブ 74-66 トヨタ紡織 サンシャインラビッツ

前日のゲームから相手もしっかりアジャストしてきて、インサイドへのプレッシャーも強くなり、外にはたいてもしっかり3ポイントをケアされてしまう。
レッドウェーブは思ったような攻撃が全くできない状況に

それでも、#12リー(篠原)ウィル(#15山本)の地道な得点で我慢して、若手の頑張りもあり、最後は#10ルイ(町田)のゲームメイクが光って、逆転勝利。
手放しで喜べる内容ではなかったですが、こういった厳しいゲームをものにしてこそ、強さは培われるもの。その意味では、収穫もあったゲームと言えます。

そして、若手の中で光ったのが、#5ナオ(曽我部)#9ショウ(村山)

#9ショウ(村山)は3ポイントが絶好調得点が欲しい時に決めて、チームに勢いをもたらしました。得点も、ウィル(#15山本)の得点に次ぐ、得点。3ポイントは、なんと7本中6本成功という高確率

でも、いいプレーがあった後に失点してしまったり、相手にオフェンスリバウンドを与えてしまったり、それで流れが切れてしまったところもありました。そこはもう少しがんばろう(チーム全体での問題でもありますが)

そして、この2試合は#5ナオ(曽我部)のプレータイムが増えました。土曜日は18分、日曜日は16分ディフェンスがひとつのテーマだっただけに、本人も気合を入れてプレッシャーディフェンス

攻撃でも仕掛けて外にはたいて、3ポイントや次の攻撃に繋げる動きが、見てとれました。後はいらないファウルを減らして、得点にもっと絡みたいところ。

それぞれに課題はありますが、それぞれの良さが出てこそ、強いチーム。
この調子でしっかり若手の活躍にも期待しましょう

そして来週は、ホームタウンの川崎、とどろきアリーナでのデンソー戦。
1月20日(土曜日)17:00〜 @川崎市とどろきアリーナ
1月21日(日曜日)14:00〜 @川崎市とどろきアリーナ

皇后杯のベスト4で道を阻まれた相手です。
しっかりリベンジできるようにがんばりますので、ご声援よろしくお願いします

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集