攻めるディフェンス


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

本日もみなさんの声援を受けて、見事に勝利を得ることができました!

富士通レッドウェーブ 95-46 山梨クィーンビーズ

あと5点で100点ゲームだったかぁ……
もちろん相手も必死に守ってきますから、なかなか難しいことなのですが、できれば達成したかったところです。

しかし、逆を見てみましょう。失点は今シーズン最小の46点。50点未満に抑えたのは、今シーズン初です。Good Defense

小滝道仁ヘッドコーチも、これまでの7試合を経て、目指すコンパクトなディフェンスができてきていると言います。

それを示すのがこれ(↓)

#12リー(篠原)が相手センターにプレッシャーをかけて、ハンドリングミスをしたときに、すかさず#10ルイ(町田)がスティール。コンパクトなポジショニングをしていたからこそ、相手の攻撃を潰せているわけですね。

またチームディフェンスではありませんが、ディフェンスに絶対的な自信を持つ#5ナオ(曽我部)の攻撃的なディフェンスも、相手を苦しめています。

ハーフコートに入ってすぐのところでガードにプレッシャーをかけ、ボールを奪う#5ナオ(曽我部)。相手チームのガード陣は大変だろうなぁ。

多彩な攻撃が目につくレッドウェーブですが、一方でしっかりとした、攻撃的でコンパクトなディフェンスも武器なのです。

さぁ、次戦からはリーグで上位に位置するチームとの対戦が続きます。原則的に1回ごとに攻守が入れ替わるバスケットボールですから、「守」の時間帯でも攻撃的に守って、勝利の可能性を広げていきたい。

オフェンスだけでなく、ディフェンスのときも熱い声援をお願いしますね。

今週も熱い声援をありがとうございました!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 18th Wリーグ特集