スピーディーなオフェンス


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

12連勝中のレッドウェーブは、週末におこなわれるシャンソン化粧品シャンソンVマジック戦に向けて、今週も内容の濃い練習をしています。

連敗で始まった今シーズンですが、その後の連勝のなかでさまざまなことを学んできました。勝ってよかった、で終わらず、常にそのなかからチームがさらにレベルアップする糧を見出し、実践を繰り返してきたのです。

今週末からは、現在のリーグ順位で半分より上にいるチームばかりと対戦していきます。それこそが、これまで磨いてきたチーム力を試す場でもあります。もちろん勝負の世界ですから、すべてに勝つつもりで挑みます。

そんな12勝2敗のなかで構築してきた1つが、前回紹介したコンパクトなディフェンスです。

そしてオフェンスでは、やはりレッドウェーブの真骨頂ともいうべきスピーディーなオフェンスも再構築した部分で、ようやく(?)表に出てくるようになりました。

ディフェンスリバウンドを取ると、ポイントガードの#10ルイ(町田)がすばやくコート全体を見渡し、チャンスがあれば、サッとパスをフィード。

ハーフコートに入っても、ドライブやカッティングを巧みに使って、相手ディフェンスを翻弄していきます。

スピードでディフェンスを崩しておいて、キックアウトパス。そして3P!写真はたまたま#10ルイ(町田)ですが、これを#11シィ(篠崎)だったり、#15ウィル(山本)だったり、#5ナオ(曽我部)などもやりますから、相手も簡単には的を絞れません。

もちろんチャンスがあれば

そのままレイアップシュートに持ち込みます。そうなると、よけいに的が絞りにくくなっていきますよね。

相手がどこであれ、また順位などに関わらず、自分たちのスピーディーなオフェンスを貫いて、もっともっとよいチームになっていきます。

まずは25日(金)、19時からホームとどろきアリーナシャンソン化粧品戦です。

みなさんの後押しでレッドウェーブのスピードをさらに加速させてください。よろしくお願いいたします!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 18th Wリーグ特集