8ブロックショット


今日はスタメンにリー(#12篠原)が入りました。
そうです、デンソーの日本代表センター#8高田真希選手に対抗するためです。

結果から言うと、その効果は絶大だったと言えるでしょう。

モエコ(#0長岡)とリー(#12篠原)のインサイドコンビは、とにかくひたすら、体をはってポジションを死守し、手を挙げて飛んでくるパスを手に引っ掛けて、少しでも簡単にインサイドでプレーされないように、戦い続けました。

全ての良い流れは、やっぱりこのディフェンスから掴んだと言えるでしょう。
手を出し続けた結果、記録された数字がブロックショット「8」、
これ以外にも数字には現れないような重要なプレーがいくつもありました。
パスカット、こぼれたルーズボールの取り合い、スティール9など、
まさに集中した堅い守りで掴んだ勝ち星です。

そして、インサイドで戦ったのは、この2人だけではありません。
#1三谷、#3石川、#8鈴木もとにかく必死のプレーを見せました。

今日は#8高田選手をほとんど自由にプレーさせていなかった印象ですが、
それでも、25点とかなりの点数を獲られてしまいました。
なかなか簡単には抑えられません。

明日はきっと#8高田選手も“このままでは終われない”と、より得点に絡むプレーが増えるでしょう。ある程度の失点は、覚悟しなくてはいけません。

それでも、今日のように試合に力をあわせて対応すれば、きっと止められるはず。
みんな、期待してます。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 15th Wリーグ特集