反省を糧にファイナルへ


オールジャパン1戦目、どこか消極的なプレーでシュートも打てず得点も伸びず、ディフェンスも粘りが見せられなかったレッドウェーブ。

チームは反省しました。とにかく積極的に打って守るんだ、と。
そして今日、チームはその反省を糧にして、とにかく積極的にシュートを打ちました。

その結果、モエコ(#0長岡)は3P2本を含む16得点。さらにリバウンド15本でダブルダブル達成。とにかく、試合終盤までオフェンスリバウンドに食らいつくその姿は、相手にプレッシャーを与え続けました。

そしてルイ(#10町田)は、あいたらすぐさま自分のタイミングで3P&ジャンプシュートを放ち、17得点。今日は、3Pが4本中3本成功。また、2Pは4本中4本成功と100%。1戦目に続いてスコアリーダーとなりました。

攻撃のリズムが良くなったことで、ディフェンスも安定。マークマンに対してプレッシャーをかけ続けて、いい形でのブレイクが増えましたやっぱり、レッドウェーブのバスケはディフェンスから!

それもこれも、1戦目の反省があったからこそ。そして、それをしっかりと2戦目のプレーで修正したからこその結果です。

思い返せば昨年のオールジャパン、レッドウェーブは準決勝でトヨタ自動車の前に僅か4点差で敗れました。
そして今年、再び準決勝で戦うのはトヨタ自動車です。
昨年の反省を糧にして戦えれば、きっと勝機は見えてくるはず。

チームが目標とする、まずは“ファイナルの舞台に立つこと”を目指して、
チーム一丸となって戦いますので、みなさん応援よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 80th 皇后杯特集