【サマーキャンプ2014】コメント:BTテーブスヘッドコーチ


――サマーキャンプ全体の感想をお願いします。

サマーキャンプは体力づくりと、これまでの練習試合や海外遠征でプレータイムの少ない選手を出場させるためのキャンプだと考えています。サマーキャンプ前に2日間の休みを与えたため、初日の第1試合、対シャンソン戦こそ素晴らしいゲーム内容を見せてくれましたが、日を追うごとに体力が苦しくなってきています。やはり1日2試合を繰り返すのは厳しいのかもしれません。

――キャンプ前の練習、遠征でのチームの状況はいかがでしたか?

台湾でチャイニーズタイペイ代表と2試合を戦いましたが、いい経験になりました。やはり日本代表に行っているウィル(#15山本) などが入ると、トランジションも速くなってチームは違ってきます。ただ残念なのはドライブが少ないこと。このままだとセンターへの負担も大きくなるので、そのあたりは今後の課題だと思います。

――シーズン開幕までにしておきたいことは?

まずは体を休ませることです。長いシーズンですので、ピークを早いタイミングで持ってきてはいけません。体を休めて、徐々にピークを上げて、大事な場面で力を発揮できるようにしたいです。プレー面では先ほども言いましたが、ドライブを増やすことと、ワイドオープンのシュートをきっちり沈めることでしょう。

――最後にシーズン開幕に向けて、意気込みを聞かせてください。

今回のサマーキャンプではオフェンスが機能しませんでしたが、シーズンに入ったらこれまでとは異なるレッドウェーブを見せたいと思います。さすがに、すぐにチームのすべてを変えることはできませんが、まずはいいオフェンスを見せたい。好不調の波がなく、迷いもなく、自信を持ったプレーをファンの方々に見せたいです。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP