頑張れ、Rookies!


サマーキャンプは新人に、Wリーグの舞台を経験させる場と考えることもできます。
これまで厳しい合宿を積み重ねてきて、主力メンバーも疲れが溜まっているころ。
血気盛んな新人たちにとっては、またとないチャンスです。

今年唯一の高卒ルーキー、#32アズ(永井)は持ち前のスピードに加え、思い切りのいいジャンプシュートを放っていました。

まだまだフィジカル面に弱さがあります。
しかしトレーニングを重ねていけば、将来はきっとレッドウェーブのスピードクイーンになってくれるでしょう。

続いて大卒組。
オールラウンドな活躍を見せていた#13ユキ(加藤)。

こちらもまだまだフィジカル面で課題が残ります。
しかしパスをつないだり、リバウンドにからんだり、インサイドで起点になったりするオールラウンドプレーヤーはチームに必須です。
#13ユキ(加藤)の成長が待ち遠しい。

インサイドでパワフルなプレーを見せる#14マリ(橋詰)。

Wリーグにおいてインサイドは激戦区です。
パワーも、スピードも、テクニックさえも求められます。
その点ではまだまだですが、インサイドに軸を置けるチームは強い。
#14マリ(橋詰)の奮闘に期待しましょう。

そして最後に#11シィ(篠崎)。

課題はありますが、即戦力としても充分に期待できるプレーを見せていました。
クレバーさもあり、得点力もある。
#45パル(名木)、#7スカイ(中畑)、#15ウィル(山本) らと練習から競り合っていけば、強力な2番、3番コンビができあがることでしょう。

新人たちには思い切りのいいプレーで、レッドウェーブに大きな波を作ってもらいたいところです。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP