たくさんの感謝とともに…


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

あの悔しい敗北から4日が経ちました。
みなさんはいかがお過ごしですか?

改めて3試合をビデオで振り返ると、やはりファイナルという舞台は個々の技術やチーム戦術だけでなく、
ハイレベルな心・技・体
が求められる舞台だなと痛感させられます。

しかし一方で、
JX-ENEOSサンフラワーズに負けていなかった!
と、はっきり言えるものがあります。
それはみなさんのサポート、応援です。

ベンチを包む赤いハリセン。
それらは、いつもどんな時でも選手やスタッフに力強さを与えてくれました。

それはコート半周を覆うほどの多さで、JX-ENEOSベンチのあるエンドラインから写真を撮っても、1枚には収めきれないほどでした。

どれだけ劣勢に立たされようと、みなさんが掲げてくれた“赤”が、選手たちをまたゴールに向かわせてくれました。
選手たちもそろって、今シーズンの応援はこれまで以上に心強かったと言っています。
本当にありがとうございました!

その選手たちをリードしてくれた“ブースタークラブ”のみなさんにもお礼を言いたいと思います。

今シーズンから立ち上げられた社内の応援部隊。
毎週毎週、全国各地でおこなわれるゲームに必ず来て下さって、ゲームが始まる前から、終わったあとまで声を張り上げてくださいました。
そして、全国各地で確実にファンをまとめあげ、それらを1つの力としてコート上の選手たちに届けてくださいました。

またブースタークラブとともに会場を盛り上げ、コートや応援席を彩ってくださったチアリーダー部フロンティアレッツのみなさんにもお礼を言います。

本当に美しくて、キレのあるパフォーマンスは、つい見惚れてしまって、写真を撮り忘れるほどでした。ブースタークラブのみなさん、フロンティアレッツのみなさん、本当にありがとうございました。

みなさんの声援に最高の結果で応えることができませんでしたが、来シーズンこそ、このご恩に対して最高の形、最高の笑顔でお返ししたいと思っています。

今はぐっと堪えて、負けた悔しさ、みなさんの声援に応えられなかった不甲斐なさを力に変えます。

だからこそ、あえて、この写真を最後に再掲します。

来年は笑顔で終わろう。
コートに投げ入れられるテープは赤を基調にしよう。

ファンのみなさん、ブースタークラブのみなさん、フロンティアレッツのみなさん、今シーズンも最後まで熱い応援をしてくださって、本当にありがとうございました。レッドウェーブは今シーズン日本一になれませんでしたが、ファンのみなさん、ブースタークラブのみなさん、フロンティアレッツのみなさんが繰り出す応援は間違いなく日本一でした。

たくさんの感謝とともに、これからもレッドウェーブへの熱い応援をよろしくお願いいたします。本ブログのご愛読も、重ねて感謝申し上げます。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 16th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP