目指せ、Miss ダブル・ダブル!


快勝です。

新潟アルビレックスBBラビッツに対して

99-60

…欲を言えば100点ゲームが見たかった。
今シーズンは、まだどのチームも達成していませんからね。
シャンソン化粧品が同じく新潟を相手に99得点を取っていますが、それ以来のハイスコアです。

そんな今日のゲームで輝いていたのが

#14マリ(橋詰)です。

結果から言うと

13得点・12リバウンド

2つの部門で2ケタの数字を残す、いわゆる

ダブル・ダブル

を達成しました。

今日おこなわれた他のゲームを見ても、ダブル・ダブルを達成しているのは、

JX-ENEOSサンフラワーズの渡嘉敷来夢選手

デンソーアイリスの髙田真希選手

だけ。
つまりは3人しか達成していないんです。

しかも上の2人がリーグを代表するインサイド陣なのに対して、#14マリ(橋詰)はまだ2年目で、しかもベンチスタートでその数字。
いい働きをしたと言えるでしょう。

相手にどれだけ囲まれ、コンタクトされようとも、逃げずに、むしろ飛び込んでいく#14マリ(橋詰)。
頼もしい。
「ダブル・ダブル」が可能な選手がいるってことは、相手チームにとっても脅威なはず。
対策を考えなければいけないわけですからね。

しかも、レッドウェーブにはもうひとり、それが達成可能なエースもいます。
今日は14得点・5リバウンドでしたが…と思ったら、9アシスト。

モエコ、もう少しで、3つの部門で2ケタの数字を残す。

トリプル・ダブル

も可能だったのか。
…惜しい。

それはさておき、今日の主役は#14マリ(橋詰)。

ベンチスタートで「ダブル・ダブル」をコンスタントに決めてくれたら、本当に心強い。

目指せ、Miss ダブル・ダブル!

もちろん、明日もね。

明日は12時から、同じく新潟市東総合スポーツセンターで、新潟アルビレックスBBラビッツと対戦します。
明日も応援をよろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP