貫け!


2次ラウンド開幕戦――勝ちました。

レッドウェーブ 81-57 デンソーアイリス

オールジャパンのリベンジ達成です。

が、BTヘッドコーチも、#0モエコ(長岡)もリバウンドを反省点に挙げていました。

結果だけを見れば快勝だったり、リベンジだったりするわけですが、

レッドウェーブが目指しているのは、そこではありません。

対戦相手に常に敬意を表しながら、もっともっと上を見ているはず。

その意味で、今日のゲームでよかったのは、選手たちの攻め気がチームにリズムを生んだこと。

あくまで例ですが、日本を代表するセンター、デンソー#8高田選手のブロックにひるまず、ゴールを狙う#10ルイ(町田)の気迫。

体を呈して守りに来るデンソーディフェンスに対して、シュートをねじ込もうとする#15ウィル(山本)の執念。

そんな攻撃性が、悔恨の皇后杯準決勝を経て、チーム全体に再び芽生えてきたように感じるゲームでした。

いかにそれを継続するか。

今日はできたけど、明日はできなかった――では意味がありません。

むろん安定はけっして簡単に生まれるものではないけれど、それでもそれを生み出そうという意志がなければ、生まれません。

貫けるか否か。

その意志があるか否か。

チームにそれが問われる2次ラウンド。

自信を持って攻め続けよう。

無謀ではなく、考え尽くし、練習してきた自分たちのプレイを信じて。

レッドウェーブのバスケットを貫け!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP