エースの決断!


逆転勝利です!

レッドウェーブ 70-66 JX-ENEOSサンフラワーズ

出だしは悪かったけれども、しっかりと切り替えました。

我慢もできたと思います。

それが逆転勝利につながったのです。

特にエースもモエコ(#0長岡)は相当苦しんでいたはず。

なかなかリズムがつかめず、相手をアウトサイドに引っ張り出そうと打った3Pも決まらない。

昨日のゲーム後にコメントを聞いたときは

「躊躇せずに思い切り打っていきたい」

と言っていたのですが、やはりJX-ENEOS#10渡嘉敷選手や#21間宮選手を前にすると、躊躇せずにプレーするのが難しい。
そんなことを感じながらプレーしていたようです。

それでも、残り10秒【66-66】の場面で

モエコ(#0長岡)が選んだのは3P。

レッドウェーブには

ノーマークになったシュートは、距離に関係なく打っていい

という不文律があるそうです。

それを勝敗が決する場面で、しかもそれまでの4本外しているのにも関わらず実行できたエースの決断を紹介せずにどうする。

外したらどうしよう? なんて、これっぽっちも考えていなかったはず。

むしろエースとして、チームが勝つために決めることだけにフォーカスしていたのだと思います。

その集中力やあっぱれ。

直後、彼女は鼻息を荒くし、チームメイトに称えられ、相手チームのヘッドコーチは呆然としています。

それだけのインパクトが、たった1本の3Pにはあったのです。

BTテーブスヘッドコーチもハイタッチ。

エースが沈めた決勝の3P。

これで2次ラウンド2連勝。

首位のJX-ENEOSにも迫ってきました。

このまま、しかし慢心せずに、頂点を目指して突き進みます。

今週も応援をありがとうございました。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP