「超満員のスタンドが原動力!」DB#7藤田篤選手&DB#31奥野敬介選手


JXBトーナメントセミファイナルのオービックシーガルズ戦で、7ー0の完封勝利を上げたフロンティアーズ。

試合終了後、ディフェンスの最後尾を守る2人に話を聞きました。

まずは、最終Qにインターセプトを奪ったDB#7藤田篤選手にプレーを振り返ってもらうと、

「ボールを取れたのはラッキー、アディ( DB #40アルリワン・アディヤミ)が詰めていてくれたのが大きかったですね。キャッチした瞬間は『このボールは絶対に落とせない』って、そればかり考えてました」

同じく最終Q、抜けていればタッチダウンというパスをカットしたのがDB#31奥野敬介選手。

「良いプレーもありましたが、タックルミスを連発してしまったのが悔しいですね。思い切って前に出てランを止めるのは、自分でも好きなプレーなので、もっとプレーに磨きをかけたい」

最終Qにシーガルズがギャンブルに出た際には、

「サインが聞こえないくらいの大きな声援が力になりました。チームとスタンドでもぎ取った完封だったと思います」(奥野)

目指すはもちろんJAPAN X BOWLでの勝利だ。

「今日のディフェンスは、60か70点くらい。日本一になった時が100点。オフェンス力のあるIBMビッグブルーは、やりがいのある相手。今日以上の活躍をしたい」(藤田)

最低でも3つターンオーバーを取ることが目標であり、達成すれば勝利が見えてくる。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP