10th year players(入部10年目選手紹介企画!)


今回は、「10th year players」と題して、
入部10年目の節目を迎える、5名の選手をご紹介いたします!

入部10年目の選手は、
ビックプレーメーカー LB#35竹内修平
日本が誇る不動のLT OL#72小林祐太郎
チームの絶対的エース WR#81中村輝晃クラーク
NFL級のサイズと驚異の身体能力を誇る LB#88大橋智明
誰もが信頼するチームの大黒柱 DL#98南奎光

入部して10年が経った今だからこそ感じられる、チームの変化や自分自身の変化などをマネージャーがインタビューしました!掲載は背番号順に行っていきます!!

1人目は、ディフェンスの中心選手のひとり!ビックプレーメーカーのLB#35竹内修平です!是非お楽しみに!!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


新人さんいらっしゃい(新人紹介企画!第10弾フロンティアレッツルーキー)


2020年シーズン新人紹介企画!
最後は、フロンティアレッツのルーキー2人をご紹介します!

左:久保田志真子、右:森岡紗羅

早速インタビュー内容をご覧ください♡

——今までの経験スポーツは?

久保田:幼稚園から14年間、クラシックバレエを習っていました。大学からは、新しい競技を始めたいと思っていたのですが、その時に偶然インターネットで見た全日本チアダンス選手権大会に心を打たれてチアダンスを始めました✨

森岡:小学生までは、水泳を習っていて、中学、高校では創作ダンス部に所属していました!中学生のときにお世話になった教育実習の先生に憧れて、大学に入ったら絶対にチアを始める!と心に決め、大学では4年間応援団チアリーディング部に所属していました。

——入ってからフロンティアレッツに改めて感じたことは?

久保田:「意識の高さ」です。チアのことだけではなく、健康面などあらゆることに対して意識を高く持ち、追求されているなと感じます。特に練習中では、一回一回の練習にかける思いの強さを肌で感じています。私もメンバーの一員として輝けるよう、今ある課題を着実に克服していきます!

森岡:「何事にもこだわりを持って取り組む」ということです。練習では毎回、各自が目標を持ち取り組んでいます。日常生活では美しい女性の振る舞い方、内面の美しさを磨かれていると感じました。また、先輩のみなさんから優しく声をかけていただいたり、真摯に話を聞いていただいたり、思いやりのあるチームだと感じています。

——趣味は?

久保田:クラシックバレエを踊ったり、鑑賞することです。バレエの見所は踊りだけでなく、衣装や音楽、舞台上での仕草などにもあります!今は、クラシックバレエを見てチアに活かせるよう、研究をしています!

森岡:最近は料理にハマっていて、お料理教室に通っています!毎日頑張ってお弁当を作っています。得意料理は照り焼きチキンです!

——特技は?

久保田:書道です。中学・高校では書道部にも所属しており、書の甲子園にも出場し、受賞経験があります!

森岡:細かい作業をすることが得意です!大学時代の部活動では髪の毛につけるリボンを、デザインを一から考え、材料もすべて自分で買い揃え作っていました。

——休日の過ごし方は?

久保田:お散歩です。のんびりと過ごす時間が好きで、よく鎌倉や江ノ島まで行ったりもしています。

森岡:とりたてほやほやの運転免許で家族とドライブをしています。縦列駐車をするのがとても苦手で駐車をするのにとても時間がかかるので特訓しています! 

——ここだけの話

久保田:最近弟の影響でゴルフを始めました!初めて打ちっぱなしに行った際、高くボールを打ち上げてしまい、施設の天井にボールを激突させてしまいました。。。早くコースに回れるように練習したいと思います!

森岡:大学時代の応援団では、お茶以外の飲み物(ペットボトルなど)を、底に手を添えて飲まないといけないルールがあり、今でもそのくせが抜けず…飲み物を飲む際は、必ず底に手を添えて飲んでしまいます。笑
片手では絶対に飲めません。

——最後にひとこと

久保田:昨今、新型コロナウイルスの影響で不安な日々が続いておりますが、このような時こそ、富士通フロンティアレッツの一員として笑顔を忘れず、みなさんと喜びや感動を共有していけるよう、努めてまいりたいと思います。Frontiers Family一丸となって、チームを勝利へ導きましょう!

森岡:5連覇を目指す素敵なチームを応援することが出来て、非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。みなさまと心を一つにして、選手の背中を押して勝利に導きます!応援よろしくお願いいたします!

2020年新人紹介企画 「新人さんいらっしゃい!」 いかがだったでしょうか!?
フロンティアーズ、フロンティアレッツの新人は全員合わせて11名。
11名のパワーを合わせて史上初の5連覇を目指していきます。
是非新人にご注目いただきながら、引き続き熱い応援を宜しくお願い致します!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


新人さんいらっしゃい(新人紹介企画!第9弾MGR内匠屋咲紀)


9人目はマネージャーの新人!上智大学出身でバイリンガルの内匠屋咲紀です!
今回は入部2年目のマネージャーの久保田が内匠屋咲紀さんの魅力をお届けします🎁

赤丸 プロフィール
1996年5月27日生まれで、二人姉妹の長女!
父180cm、母170cm、妹165cm、本人169.9cmの高身長家族!!
休みの日には家族でお出かけしたり、家でNFLの試合を観たりとても仲が良いご家族なんだとか!!
お父さんの仕事の関係上、7歳から12歳までの5年間と、高校3年間をシカゴで過ごした帰国子女マネージャーです! 英語堪能で外国人選手やコーチとのコミュニケーションもバッチリです✨

それでは、内匠屋マネージャーにもいろいろな質問を聞いてみました!どうぞ!

——スポーツの経験はありますか?
内匠屋:3歳から15歳まで水泳をやっていました。
選手育成コースで水泳一筋に取り組んできて、全米大会にも出場したことがあります!

——アメフトのマネージャーを始めたきっかけは?
内匠屋:父が元アメフト選手で、且つアメリカでの生活が長かったため、幼少期からNFLを観て育ちました。その影響で、物心がついたときからアメフトが好きで、アメフトに関わりたいという思いで、大学では、アメフト部の学生トレーナーとして活動していました。
大学で、選手のサポートをすることにやりがいを感じて、学生時代から憧れのあった富士通フロンティアーズで、チームを支えたいと思い、マネージャーをやることを決意しました。

——マネージャーとしてのやりがいは?
内匠屋:まだマネージャーを始めて、数か月しか経っていませんが、対戦系の練習メニューで選手が相手の選手に勝って喜んでいる姿をみると嬉しいです。

——アメフト人生で一番印象に残っている思い出は?
内匠屋:大学2年生のときの最終節。1部BIG8の昇格を賭けた入れ替え戦への出場が決まった試合です!
これまで、上智大学は昇格を賭けた入れ替え戦への出場は難しかったチームでしたが、入れ替え戦への切符を勝ち取りました。先輩方や同期が泣いて喜んでいる姿を見て、チームスポーツの素晴らしさを改めて感じました。そしてより一層、チームのために自分のできることをしようと思い大学4年間チームのサポートに徹しました。

また、アメリカに住んでいたときに、地元チームで大好きなシカゴベアーズが2007年に出場したスーパーボウルで、インディアナポリスコルツから最初にリターンタッチダウンで先制したのに負けてしまったことは今でも忘れられない悔しい思い出です(笑)

——入ってからフロンティアーズに改めて感じたことは?
内匠屋:選手だけでなく、コーチ、スタッフ全員がそれぞれの役割を追求・実行して勝つという1つの目標に向かっていることがすごいと感じました。

——フロンティアーズのマネージャーユニットの印象は?
内匠屋:みなさん優しい印象です。
まだ、わからないことだらけで、質問することばかりですが、みなさん嫌な顔一つせずに丁寧に教えてくれます。
雰囲気は固すぎず、オンオフもしっかりして風通しがよくとても活動しやすい環境です!

——自分の性格を一言で表すと?
内匠屋:負けず嫌いです!
失敗もしたくないので、慎重になりすぎてしまうこともあります。

——ここだけの話
内匠屋:食べることも料理することも大好きです!栄養について勉強することも好きで、食に関すること全てが好きです!
↑久保田メモ:毎練習手作りのお弁当を持ってきています!本当においしそうです😊!

——最後にひとこと
内匠屋:1日も早くマネージャーの仕事になれて、誰からも信頼されるようなマネージャーになれるよう頑張ります!宜しくお願い致します!

いかがでしたでしょうか!!
真面目で謙虚な新人マネージャー内匠屋咲紀!
是非、新人マネージャーの応援もよろしくお願いします!

最後は、フロンティアレッツの新人2名をご紹介します!
どうぞ楽しみに!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


新人さんいらっしゃい(新人紹介企画!第8弾DL#97宮川泰介)


新人紹介企画、選手の最後を飾るのは日本大学出身DL#97宮川泰介!
今回は新人マネージャーの内匠屋が宮川選手の魅力をお届けいたします!

赤丸 プロフィール
1998年2月26日生まれ
東京生まれ東京育ちの都会っ子。
2つ上のお兄さんがいて、2人で一緒に買い物に行ったりする仲の良さ!

(2枚ともに、宮川選手の幼少期写真)

そんな宮川選手について、細かくお伝えしていきます!

——アメフトを始めたきっかけは?
宮川:兄がアメフトをやっているのを見て、自分も始めました。
兄も高校から大学までアメフトやっていて、大学は同じ日本大学でWRをしていました。ポジションは違いますが、ずっとその後ろ姿を見て、追いかけるようにアメフトをやってきました!

——アメフトの魅力とは?
宮川:身体能力だけではなく、頭脳も使ってプレーして初めて輝くことができるところだと思います。また、勘やセンス・知識や技術も必要で、身体の全てを使ってプレーできるのは、アメフトの魅力だと思います!

——DLユニットを一言で表すと?
宮川:「明るく、熱く、温かいユニット」
ユニット全体が明るく、1つ1つのプレーを細かく丁寧に教えてくれる先輩がとても多いです。

——入ってからフロンティアーズに改めて感じたことは?
宮川:「レベルの高さ」
4連覇中のチームなのである程度は想像できていましたが、練習に合流する中で、フィジカルもスピードもテクニックも、全てにおいてレベルが高いなと改めて感じました。
そんな環境の中で、日々刺激を受けながら練習とトレーニングに励んでいます。

——尊敬する選手は?
宮川:DL #91斉川尚之さん
大学の頃から圧倒的な存在感がありました。見るといつもビックプレーを起こしているイメージです。フロンティアーズでの斉川さんを見ていると、パートリーダーを担うなど、プレー以外のところでも、リーダーシップを発揮していて、入社年が1つしか変わらないのにすごいなと、尊敬しています。自分も斉川さんのように強く、リーダーシップのある選手になりたいです!

——ライバルは?
宮川:同期のOL #74町野友哉です。
今まで出会ったOLの中で一番身体も大きく圧倒的なパワーを持っています。今は全然勝てませんが、トップレベルの選手と一緒に練習できる環境を活かして努力し、勝てるようになれば、誰にも負けないDLになれると思っています。
同期ということもあり、町野に勝てるように日々の練習とトレーニングを頑張っています!

——自分の性格を一言で言うと?
宮川:「愚直で前向き」
壁にぶつかった時こそ、成長のチャンスだと思っています。
フットボールをやる上で、うまくいかないことが出てきて行き詰ったときに、大学の最初の方はネガティブにとらえ、引きずっていました。
今では、「今できること」をやって、結果につなげようと前向きに考えられるようになりました。

——ここだけの話
宮川:パンケーキが大好きなんです!
オフの日は、美味しいパンケーキ屋さんを探しに行って、心もお腹も満たされています!

——最後にひとこと
宮川:フットボールの実力で注目してもらえるような選手を目指して、日々努力していくので、応援よろしくお願いします!

いかがでしたでしょうか?
アメフトに対して熱い思いを持っているだけでなく、いつも明るく笑顔が絶えない宮川選手!そんな宮川選手がフィールドで活躍する姿を楽しみにしていてください!

次は私、新人マネージャー内匠屋咲紀の紹介です!
マネージャー2年目の先輩、久保田桃加さんがインタビューしてくださいました☆
お楽しみに!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP


新人さんいらっしゃい(新人紹介企画!第7弾OL#74町野友哉)


京都大学出身、フロンティアーズNo.1高身長プレーヤーOL町野友哉です!

今回は、マネージャー2年目の太田が町野選手の魅力をお届けいたします✨
なんと、私太田と町野選手の身長差は、45cm!!見上げながらのインタビューになりました!笑☺️

赤丸 プロフィール
1997年3月16日生まれ、岐阜県出身

2人兄弟の次男!写真から伝わる通り、当時はヤンチャでいたずら大好きな末っ子君!
高校までお兄さんと同じ学校に通い、高校時代の野球部では先輩後輩の関係だったそうです!

末っ子の町野選手もフロンティアーズの同期の中ではいつも優しいお兄ちゃん的存在!
そんな彼を細かくお伝えしていきます!

——アメフトを始めたきっかけは?
町野:スポーツで日本一、日本代表を目指したいと思ったからです。
高校までは野球をやっていましたが、大した活躍はできず、悔しい思いをずっとしてきました。また、体は細かったですが身長は高かったので、アメフトの方が自分の身長を活かせると思い、始めました。

——アメフト人生で一番印象に残っている思い出は?
町野:大学4年時の秋季リーグ戦での関西学院大学との試合です。
京都大学にとって関学戦は昔から特別なもので、自分にとっては学生最後の対戦だったので、自分の全てをかけて試合に挑みました。試合前アップの時に気持ちが昂りすぎて同期みんなが泣いていたのが印象的でした。結果は負けてしまいましたが、その悔しさを含めて忘れられない試合になりました。

——プレーでのアピールポイントは?
町野:腕の長さを活かしたパスプロテクションです。
また、体の大きさの割に俊敏に動けることも自分の武器だと思っています。

——入ってからフロンティアーズに改めて感じたことは?
町野:入部前に想像していた通り、フットボールに対して真摯に取り組んでいる人が多いと感じました。またチームとしてファンダメンタルの細かいところまで徹底しているところが強さの秘訣だと感じました。

——尊敬する選手は?
町野:OL#72小林祐太郎さんです。
日本を代表するOLで、圧倒的に強くて、チーム内でも絶対的な信頼を置かれていて、とても尊敬しています。いつかは小林さんを越えられるようにがんばります!

——ライバルは?
町野:同期のOL#55安東と#64大久保です。
普段は仲が良いですが、フィールドではお互いに意識しながら切磋琢磨しています。ゆくゆくは3人同時に試合に出て、チームの勝利に貢献したいです!

こちらのポーズは、三銃士ポーズと、三人の中ではお決まりのポーズ💪
三人は、良きライバルではありますが、いつも一緒にいて、楽しそうに過ごしています!✨

——自分の性格を一言でいうと?
町野:「やると決めたらやる」
中途半端に物事をやることが嫌いで、自分がやると決めたことは粘り強くやり続けられる性格だと思います。

——文武両道の秘訣は?
町野:学生時代は、勉強と部活両方を100%でやることはできなかったため、部活をやっている間は部活100%。勉強は最低限のことはきちんとやり、引退してから勉強100%で頑張りました。オンオフをしっかり意識し、脳を切り替えることにより、自分自身のパフォーマンス向上につなげられたと思います。

——ここだけの話
町野:日本のドラマが好きで、休みの日はよく見ています!
面白かったドラマを記録して、独自のランキングを作っています!
皆さんも、オススメのドラマがあればぜひ教えてください!
ちなみに私のランキング1位~3位までご紹介します。

町野友哉 セレクト
おすすめドラマランキング👑
1位 半沢直樹
2位 大恋愛
3位 世界の中心で愛を叫ぶ

ヒューマンドラマが好きです!感情移入し、感動して涙することも多々・・・😂✨

——最後にひとこと
町野:5連覇に向けてチームに欠かせない存在になれるようにがんばります!
応援よろしくお願いします!

いかがだったでしょうか!?
いつも優しい好青年の町野選手ですが、
フィールドに立つとスイッチが切り替わったような真剣な眼差しで練習に打ち込んでいます!高身長を活かした俊敏な動きで相手ディフェンスを圧倒する姿を是非ご覧ください!
町野友哉から目が離せませんよ!💪🔥

次回は、日本大学出身、DL#97宮川泰介です!お楽しみに!


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP