WR#81中村輝晃クラーク「新記録でMVP」


11月30日に開催されたエレコム神戸ファイニーズとのセミファイナルで先制のタッチダウンパスをキャッチしたのがWR#81中村輝晃クラークです。

試合後に話を聞きました。

「今季はずっとファーストシリーズでタッチダウンを奪えていなかったので、チームを勢い付けるプレーができてよかった

と先制したプレーは満足できる内容だったそう。
この日の個人スタッツは、6キャッチ、52ヤード、1TDと活躍しましたが、

「手に触っていたのに落としたボールもあったので、次戦は全部取りたい

と、さらに高いレベルのプレーを目指しています。
その中村選手が今季テーマにしているのが、“我慢”です。

「いつもいいプレーができるわけじゃない、でも前向きに考えて我慢することも大切。今日もうまくいかない時に、慌てることなく『準備してきたことをやろう』と落ち着けたのが後半盛り返せた要因。JXBでも粘り強くプレーしたいです」

そしてJXBで掲げる目標はズバリ「MVP」です。

「2年前に僕が作ったレシーブ記録203ヤードを更新し、2度目のMVPを手にしたい。今季はロングパスを取っていないので、東京ドームでは爆発したいですね」

躍動するWR#81中村に注目です


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Instagram ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2019特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP