富士通フロンティアーズ×川崎フロンターレ特別企画 キャプテン対談(後編)富士通フロンティアーズ 宜本×川崎フロンターレ 小林


アメリカンフットボールのXリーグで11月10日クォーターファイナルでオール三菱ライオンズに勝利し3連覇にまた一歩近づいた富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)、同日にサッカーJ1リーグで史上5クラブ目となる連覇を果たした川崎フロンターレ(以下、フロンターレ)。両チームでそれぞれ主将を務める宜本潤平選手小林悠選手とのキャプテン対談の後編では2選手の共通点、それぞれが抱く互いの競技について語り合いました。[2018年10月末に実施した富士通社内報企画]

――お二人は競技の試合をテレビ観戦しますか?

宜本:アメフトばかりであまり見ませんが、サッカーの日本代表戦は見ています。
小林:僕はテレビ自体を見ませんが日本代表戦だけは見るようにしています(笑)。試合前にサッカーの映像を見ている選手もいますけど。じっとしていられないので見るよりもプレー派ですね。宜本さんは見ますか?
宜本:僕はアメフトがめっちゃ好きなので、他のチームや大学の2部、3部の試合をはじめ高校生の試合までも見ています(笑)。(チームで一番のアメフト通と有名)
小林:正反対ですね。サッカーは大好きですが見るよりプレー派なので(笑)。
宜本:自分が高校時代のときに弱かったチームが、今は強くなって優勝しているのは何が変わったんだ?という疑問のような情報が好きなんです。その情報をチームメイトに話ししてもあまり喜ばれませんが(笑)。
小林:すごいなぁ。海外サッカーをよく見ている憲剛さんタイプですね。

――宜本選手はプロフィールに「チームへの一途な愛」と書かれています。小林選手は2016年のオフシーズンに「チーム愛から残留した」と有名ですが・・・

小林:素直にフロンターレが好きなので、フロンターレでタイトルが取りたいと思う気持ちが強く大きかったからです。

――格好良過ぎますね。お金ではないということですか?

小林:いや、ちょっとは揺れました(笑)。
宜本:サッカーはプロスポーツの世界なので、その感覚は企業スポーツのアメフトにはわかりませんね。

――現在、フロンティアーズは黄金期を迎えていますよね?

宜本:僕が入るまでは日本一になったことがなくて、創部30年目の2014年シーズンに初めて日本一に。アメフトも2位が多かったのですが、最近は4年間で3回も日本一になることができて波に乗っていますね。

――折角なので、お互いに質問をどうぞ!!

小林:企業スポーツの世界を知らないので教えてください。仕事だけで給料をもらっているのですか?
宜本:はい、仕事の給料だけでアメフトでは一切もらっていません。
小林:えっ、どれだけ活躍しても?
宜本:はい、関係ありません。日本一になってもボーナスは上がりません。チームとしては社長賞をいただきますが祝勝会を開いて職場の上司などに感謝を伝えて終わりです。
小林:試合へのモチベーションはどのように上げるのですか?
宜本:フロンターレさんでは考えにくいですよね。好きなアメフトをやりたいということと、良い試合をしてお客さんに楽しんでもらってアメフトがもっとメジャーになってほしいと思っています。
小林:それは難しいなぁ。普段はどんな仕事をしているのですか?
宜本:少し前までは営業、今は総務部門で施設の管理を担当しています。たとえば、フロンターレさんのクラブハウスの床がずれたら、業者に修理を依頼したり(苦笑)。選手は社員なので週5日の仕事を4日でこなし、練習時間に充てる生活を送っています。
小林:それは大変ですね。
宜本:決勝は12月末、仕事も年末が忙しくなるので、職場に理解してもらわないと成り立ちませんし、休日はオフシーズン期間しかありません。
小林:どのくらいの練習をしているのですか?
宜本:朝9時に集まり、14時~15時まで全体練習です。
小林:同じくらいですね。
宜本:全体練習後、各自がケアやウエイトトーレニングをします。
小林:いやー、それは大変ですよね。
宜本:プロならば怪我をしたら毎日をケアに充てられますけど、肉離れしていても怪我していても仕事はできるので、松葉杖ついてお客様先に向かいます。選手は平日の使い方が大事で、業務終了後などにどれだけのケアやトレーニングができるかを考えています。
小林:松葉杖で来られたら、相手もびっくりしますよね。す、すごく大変ですね・・・
宜本:お酒は飲まれますか?飲酒禁止ですか?
小林:自由ですが、ほとんど飲みません。土曜日、水曜日、土曜日と連戦が多いので、飲む時間がありません。何ヶ月かに1回の決起集会でブラジル料理を食べに行き、ちょっと飲んで、というのはあります。でも僕は好きではないので飲みませんね。
宜本:アメフトの試合は2週間に1回のペースで連戦という感覚はないので、試合後にバーンと行けるんですよ(笑)。
小林:それは、めちゃくちゃ行けますね(笑)。
宜本:でも、日曜が試合だと翌日の月曜は朝から仕事なので・・・。
小林:アメフト選手は飲むイメージがあります。
宜本:飲む人は飲めますね(笑)。話は変わりますが、試合結果が悪いときは中2日で変えられるものですか?
小林:メンタルですか?大丈夫です。逆に連戦のほうが良いです。1週間もやもやしているよりも、すぐに切り替えられるので。
宜本:それでも、負けの連鎖に入ると抜け出すのはなかなか難しそうですね。
小林:2011年シーズンは8連敗しましたから。
宜本:そのときの雰囲気は最悪でしたか?
小林:相当悪かったです。監督も気を遣い、練習でサッカーバレーをして楽しい雰囲気にしようとなっても、みんなが楽しめず。そのときは何をしても勝てないんですよね。連敗するチームの気持ちもわかります。

――その時代からチームを取り巻く環境が変わりましたね。

小林:最近は1回負けただけで、すごく言われます。そこまで言いますか!っていうくらいに厳しくなりました(苦笑)。
宜本:プライベートで気をつけていることはありますか?
小林:特にありませんね。変装しないのでサポーターに「小林だ!」と言われたら挨拶しますし、買い物中にファンサービスをしていて子どもが脱走していくときもあります。でも、いつもありがとうございます、という感謝の気持ちで応えています。

――アメフトに興味を持っていただけましたか?

小林:試合観戦に行きたくなりました。11月25日、12月17日、それと年明けですね。
宜本:1月3日の日本選手権では学生日本一と戦います。社会人のレベルが上がっているので、ここ十年近くは負けていません。
小林:そうなんですか?

――小林選手に応援に来てもらうためにも、宜本キャプテンから日本選手権に向けての抱負をどうぞ!

宜本:一戦必勝の気持ちで、先を見ずに戦っていきます!

サッカーとアメフト、また、プロスポーツとアマチュアスポーツの世界は違えど、チーム愛の強い両キャプテンの胸に「FUJITSU」の文字が刻まれたユニホーム姿での対談は和やかな雰囲気で過ぎていきました。共通する子どもの近況まで話題は広がり、対談後にはシーズンオフに食事に行く約束を交わし、連覇を誓い合い終了となりました。

フロンティアーズの次戦は25日午後1時開始。社会人の頂点を目指すXリーグ・セミファイナルで、富士通スタジアム川崎でオービックシーガルズと対戦。フロンターレは24日午後2時から味の素スタジアムでFC東京と対戦。両チームの熱い戦いを是非、試合会場で応援をお願いします!!

最後になりましたが、
「フロンターレさん、J1リーグ連覇、おめでとうございます!!」
フロンティアーズも続けるようがんばります!

🔗 前編はこちら
富士通フロンティアーズ×川崎フロンターレ特別企画 キャプテン対談(前編)
富士通フロンティアーズ 宜本×川崎フロンターレ 小林


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集