【小話】#28石井は「鉄人?」


いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます
さて、今日も【小話】を一つ。

DB(ディフェンスバック)というポジションは、インターセプトなど最上級のビッグプレーで、観客を沸かせ、モメンタム(勢い)を一気に引き寄せることができる魅力的なポジションです。

その反面、それまでどんなに良いプレーをしていても、たった1本タッチダウンパスを通されてしまったり、相手オフェンスが大きく前進したりした時に、「必要以上に悪いところが目立ってしまい、良いプレーはさほど目立たない」というポジションでもあります。なんか損なポジションなんじゃないの?と私は思ったりもします。

フロンティアーズDBには、にわかに「鉄人?」と呼ばれ始めた選手がいます。
#28石井悠貴です。(以下、いつもの呼び方で石井くんと呼びます)

この秋の試合でも、派手なプレーはそこまで無いながら、堅実なプレーでチームの窮地を救っています。CB(コーナーバック)として、#40アディヤミのインターセプトが目立っていますが、その反対側のCBである#28石井くん達が「しっかりと相手をカバーできているからこそ」、という部分もあるのではないでしょうか

今年でフロンティアーズ歴5年目の石井くんは、怪我の多いポジションながらも、5年間欠場することもほとんどなく、フィールドに立ち続けています。これが「鉄人?」と言われる所以なんです。

見た目とキャラクターが鉄人っぽくないので、鉄人とは全く認めたくないのですが(笑)、諸先輩方からのイジリにも負けず、仕事もフットボールも頑張っているので、「是非注目してみてほしいな~と思った」という小話でした!


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集