DB#43井本健一朗選手「足の早さに自信あり」


最終Qまで見ごたえのある展開だったオール三菱ライオンズ戦を振り返り、
「簡単なアサイメントミスやタックルミスが目立ち課題が残りました」
と話すのは、新人のDB#43井本健一朗選手。

試合では最後の砦として最後方に位置し、あと一歩でインターセプトという場面もありました。

「胸に入っていたのに、完全にミスでした。来たと思ったんですが、キャッチしきれなかった」
と猛省。

改めて今後の目標を聞くと、
「ひとつのポジションを安心して任せられるような選手になること」
と即答。

次戦も、
「足の速さには自信を持っているので、どんなプレーでもボールを追っていきたい」
と全力プレーを約束してくれました。


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2018特集