スクラムを組んで WR#1強盛選手


接戦となったビッグブルー戦。逆転に成功した後、すぐさま追加点を上げた立役者がWR#1強盛選手でした。

「前半は思うようなプレーができず、もう1試合する気で切り替えて後半に挑みました。タッチダウンを決めた瞬間は、『やっと取れた』とちょっとホッとしました」

そのプレーは、ゴール前10ヤード付近でパスをキャッチし、ディフェンスにタックルされながらも、倒れずにエンドゾーンに向かう強選手を、他のオフェンス陣がスクラムを組むようにサポートし、ゴールラインを越えたというものでした。

選手は、「2回ディフェンスをかわしたのは覚えていますが、その後はどうなったのか、わかりません。タッチダウンまでいけたのは、みんなの助けがあったから。本当にラッキーでした」

さらに、今後の目標について、「今年こそ、もう一度日本一になりたい」と決意を話してくれました。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★試合当日速報中!
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP