DB#31奥野敬介選手「外国人にも負けないタックル」


「良いプレーもあったけど、それが続かなかった」

と藤田HCが振り返った5月21日(日曜日)のノジマ相模原ライズ戦。

1QにDB#31奥野選手がみせたパスインターセプトは、誰の目にも明らかなファインプレーだった。

奥野選手は、「『狙っていた』と言うよりは、無理に投げてきたパスだったので、取れて良かったです。インターセプトは、自分自身の気持ちが高まるし、チームにも勢いが付くプレー、また試合でできるようにしたい」

今後はフィジカルとメンタル、双方のレベルアップを目指す。

「外国人選手でも、1発のタックルで仕留められるようにフィジカルを強化したい。メンタル面は、ミスすると気持ちが落ちてしまうのが改善点。できなかったことにフォーカスして必死に練習したい」

毎試合、成長するのが目標だ。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★パールボウル2017&東日本交流戦特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP