一つひとつ成長を DB#7藤田篤選手


「ズルズルいかれたら前回と同じ。何としても止めたかった」

シルバースター戦の第4Qをそう振り返るのは、DB#7藤田篤選手。勝利するには得点を上げなければならず必死に向かってくるシルバースターの攻撃を止めた際に、印象的なタックルを決めました。

「サードダウンショートのシチュエーションで、僕のポジション的にはパスを守る場面。けれどランできたのでラインバッカーの間を上がっていったんです。いいタックルが出来ましたが、僕一人というよりは、ユニットとして上手く動けたプレーだったと思います」一方で前半は反省点が多かったとも。

「ショートパスやランプレーを多く決められています。結果的に、相手のFGのミスで助かったまで。個人としてもユニットとしても、もっと成長しなければならないと感じています。目指すは日本一、次戦もファンの方々がワクワクするような楽しいゲームをお見せしたいです」

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★試合当日速報中!
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP