DL#99髙橋伶太選手「悔しさを忘れずに」


「やるしかない、仕切り直してイチからやりたい」

インパルス戦後にそう話してくれたのはDL#99髙橋伶太選手。
試合がはじまると「今日は粘り合い」になると、覚悟して挑みましたが、「勝負どころで流れを変えるようなビッグプレー、ボールを奪うプレーができなかった」と振り返ります。

「シーズンはまだまだ続く。この結果を受けて、どれだけ切り替えられるかが大切。日本一になるには足りないものがあるとわかった。この悔しさを忘れずに、明日から取り組みたい」

大阪府出身の髙橋選手にとって、今回試合が行われたヤンマーフィールド長居は思い出深い場所。

「ここへ来ると大学時代を思い出しますね。関西学院大学との決勝では負けて悔しい思いをしましたが、それがあって今がある。今回の敗戦も、シーズンを終えて振り返った時に意味のあるものにしたい」

応援に駆けつけた家族の前で勝利を上げられなかったが、次こそは「必ず」と勝利を誓ってくれました。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★FRONTIERS公式アカウント
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2017特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP