1ヤードの攻防


ジャパンXボウルでは、シーガルズオフェンスを3点に抑えたフロンティアーズディフェンス。

終始、気迫溢れるプレーがみられました。なかでも印象的だったのが、3Q最初のシリーズ。

一度はパントに追い込んだものの、相手のスナップが乱れたことで、パントをブロック。しかし、このボールを抑えたのがシーガルズオフェンスで、フロンティアーズ陣内までボールを運ばれファーストダウンを更新されてしまいます。

勢いにのるシーガルズは、その後もプレーを成功させゴール前1ヤードでファーストダウンを更新します。残り1ヤード、まずはど真ん中のランプレーでしたが、真っ向勝負を受けきってノーゲイン。

セカンドダウンはレシーバーへ短いバックパス、ボールを受けたレシーバーが右サイドへ回りましたが、ギリギリのところでタックル。そしてサードダウン。

再びインサイドのランプレーにでたシーガルズをまたも押し戻し、タッチダウンを許しませんでした。フロンティアーズは直後のシリーズでタッチダウン。チームに勢いを与えるプレーだったと思います。

🔗 Facebook ★富士通フロンティアーズ
🔗 Twitter ★試合当日速報中!
🔗 富士通FRONTIERS★Xリーグ2016特集
🔗 富士通アメリカンフットボール部 FRONTIERS HP