このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 鈴木雄介コラム:再び世界の頂点へ。応援してくれた人々へ届けたい歓喜の景色~栄光への歩みと2つの涙(後編)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

鈴木雄介コラム 後編


2019年9月28日、カタール・ドーハで行われた世界選手権50km競歩。鈴木雄介は4時間4分20秒で優勝を飾り、目標としていた念願の世界タイトルをついに獲得。2020年、競歩日本代表候補に内定した。20km競歩で世界記録を樹立し、話題をさらったのが2015年。その後、長い期間負傷に悩まされ、一時は引退も考えた。しかし、周囲のサポート、ファンの声に支えられて見事に復活。一歩ずつ着実に、夢見たメダルに向けて歩みを進めている。人を愛し、人から愛された才能。鈴木が踏みしめてきた道、そして目指す未来とは。
何度も拳を突き上げて噛み締めた、勝利の味
世界記録樹立後、2年9ヵ月の長期負傷から復帰して見せた涙。そして、もうひとつ印象深い涙は、最近だ。

2019年9月、カタール・ドーハ世界選手権での50km競歩。気温の高さから夜11時30分スタートとなった異例のレースで、鈴木雄介は途中休みながらも最後まで“完歩”。4時間4分20秒で1位フィニッシュを飾ると、何度も拳を突き上げ、勝利の味をかみしめた。「世界最高峰の大会で金メダル」を、数年前から目標としていた鈴木にとって、長年の夢がかなった瞬間だった。
31歳での50km競歩デビュー、そして初戦での日本記録
鈴木雄介 2018年5月に東日本実業団陸上競技選手権で復帰して以降、鈴木は長期的な視点で完全復活への道筋を考えていた。その場では、「5か月後にある10月末の全日本競歩高畠大会で20㎞競歩に挑戦予定です。そして、出場するだけでなく日本代表を目指せる状況になった時が、本当の意味での復帰。2019年の2月・3月に向けて代表争いができるように持っていきたい」と発言している。その想定通り、全日本競歩高畠大会20km競歩は2位、2019年3月の全日本競歩能美大会は20km競歩で4位に入った。

その戦いの中、鈴木は以前から考えていた50km競歩への転向を決意。種目(距離)を変更して臨んだ50km競歩初戦は、2019年4月、輪島での日本選手権だった。この試合で鈴木は、いきなり日本記録をマークする。突然の距離変更に不安はなかったのか聞くと、「出場する前から、ある程度歩ききれる算段はありましたし、狙い通りのレースが展開できました。50kmは長丁場で、後半一気に崩れることもありますが、練習ではそれもクリアできたので不安や抵抗はなくなりました」と、31歳での鮮烈な50km競歩デビューとなった。

この結果、ドーハ世界選手権の代表権を勝ち獲った鈴木。本人にとっては、50km競歩転向2戦目での世界選手権の大一番となったが、大会前に「暑い中でのレースは初めてで予想できない部分があるので、50kmを通して歩けるペースを保ちながらレースをしたい。メダルを獲れるタイミングでも挑戦的に行くのではなく、余裕のある流れでレースを進めていきます」と、落ち着いていた。そして有言実行、いきなり日本競歩界初となる、世界大会での金メダルを手に入れたのだ。

とはいえ、同じ競歩でも20kmから50kmに距離が変わり、負担が少ないわけがない。ドーハで最大の目標だった優勝を勝ち取った鈴木。それが本人の努力と、過去の経験から勝ち得た結果であるのは言うまでもない。
昔から“みなさんのため”に歩いてきた男
鈴木雄介 ドーハでの優勝後、インタビューで鈴木は語った。「今後も、みなさんに感動や勇気を与えられるレースをしたい」。それを聞いて、“変わっていないな”と感じた。鈴木はこれまでも常に、誰かのために歩くことを喜びとしてきた選手である。

記憶に残っているのが、2015年3月。全日本競歩能美大会20km競歩で1時間16分36秒の世界新記録をマークした時だ。自身が生まれ育った石川県能美で、偉業を達成した直後のやりとりである。「地元の大会でもあったので、みなさんが沿道で応援している姿や喜んでいる風景が見えました。その風景が、なんというか…感動しましたね。幸せな気持ちになりました。世界記録は確信していたので、出した喜びより、その風景の方が記憶に残っています」

“世界記録より、ファンの笑顔が嬉しい”、そう言い切るアスリートを不思議に思った。高みを目指すアスリートにとって、世界記録以上に嬉しいモノがあるのか。むしろ世界のトップに立った選手だけが見られる光景なのか。それは本人だけにしかわからない。

ただ言えるのは、鈴木本人がファンの言葉に励まされ、それに応えて歩き続けてきたことだ。
再び世界で勝つために必要なもの。その先にある光景
鈴木雄介 2020年は鈴木にとって、最大のターニングポイントとなる年になる。再び大きな期待を背負うことになるが、メンタル面も以前より逞しくなった。 「プレッシャーはあって当然で、“緊張しているな”という状況を楽しみたいと思っています。今は、自分からプレッシャーを感じるような場所や、応援していただいている方から食事会など開いてもらった際は、できるだけ参加しています。以前は気にしていた時期もありましたが、ある程度自分でコントロールするべきだと思いますし、その応援を自分の力に変えていきたい」

再び世界で勝つために、自分の努力だけではなく、ファンの力も必要になる。それは様々な経験を通して、鈴木が導き出した答えである。

そして迎える2020年8月、レースを終えた彼が見る景色はどんなものなのか。それが最大の栄光だったとしても、思い描いたものでなかったとしても、おそらく鈴木はその場所で、今まで自分を支えてくれた人々をイメージして、その感謝を噛みしめることになるのだろう。現場でもテレビを通じてでもいい、応援してくれた、あなたのことを思い出して。

ページを移動


赤丸 インタビュー バックナンバー

・2019年 第17回世界陸上競技選手権大会(ドーハ)

「過去は無いものとして、挑戦者として勝ち切る」

・2015年 第15回世界陸上競技選手権大会(北京)

「応援するに値する歩きを見せる」

・2015年 第39回全日本競歩能美大会にて世界記録更新

「自分の記録より、地元の方々の喜ぶ光景を見て感動した」

鈴木雄介選手が20km競歩で世界記録を更新し、優勝!

・2014年 第15回仁川アジア大会(仁川)

「銀メダルというのは本当に悔しい結果」

「世界の頂点に向けての前哨戦」

・2011年 第13回世界陸上競技選手権大会(大邱)

「メダルを大きな目標としてトレーニングに励んでいきたい」

・2011年 「FIELD EYE」第12回

「森岡さんと一緒に練習することが自分の成長につながる」

鈴木雄介
鈴木雄介(すずき ゆうすけ)

1988年1月2日生まれ、石川県出身。
中学校時代より競歩を始め、順天堂大学を経て2010年富士通入社。
2015年3月15日開催の第39回全日本競歩能美大会 兼 Asian 20km Race Walking Championships in NOMIにて1時間16分36秒の世界記録を樹立。競歩では日本人初の快挙となった。


《自己記録》

5000mW 18分37秒22(日本記録)
10000mW 38分10秒23(日本歴代3位)
20kmW 1時間16分36秒(世界記録)
50kmW 3時間39分07秒(日本歴代3位)

《主な戦績》

2010年 アジア大会(広州)20kmW 5位
2011年 世界陸上(テグ)20kmW 8位
2012年 ロンドンオリンピック20kmW 日本代表
2013年 世界陸上(モスクワ)20kmW 日本代表
2014年 アジア大会(仁川)20kmW 2位
2015年 世界陸上(北京)20kmW 日本代表
2019年 世界陸上(ドーハ)50kmW 優勝