このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 第17回世界陸上競技選手権大会(2019/ドーハ)鈴木雄介コメント
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第17回世界陸上競技選手権大会(2019/ドーハ)

大会概要

第17回世界陸上競技選手権大会(2019/ドーハ)新しいウィンドウで表示

  • 開催日程

     2019年9月27日(金曜日)~10月6日(日曜日)
  • 開 催 地

     カタール・ドーハ

出場選手インタビュー

出場する選手の大会への意気込みをご紹介します。

鈴木雄介(男子50km競歩 / 6回目)

鈴木雄介

――ドーハ世界選手権まで1ヶ月 を切りました。現在の心境を教えてください。
やるべきことは終えて、あとは調子を整えてスタートラインに立てれば良い結果を出せるかなという気持ちです。ここまで大きな不調もなく、全体的にやりたい練習をこなすことができました。暑さ対策も合宿でシミュレーションを行い、ドーハや来年に向けて自分の今の力を把握できたのが、一番の収穫だと思っています。

――大会の派遣設定記録を突破したのは、4月14日の日本選手権大会50km競歩でした。3時間39分7秒と日本記録を更新しての内定でしたが、このレースではどんな手ごたえがありましたか?
予想通りに運ぶことができた試合でした。目標は完歩、最大目標として日本記録更新を見据えて臨んだ大会でしたが、本当に満足のいく結果になりました。自分が20kmで取り組んできた練習が、50kmにもしっかり繋がるということを実感できたのは大きかったです。最終的に、自分の目指すタイムへ向けたトレーニングの指標なども確認できて、大きな収穫のある大会となりました。

――現在のコンディションはいかがですか?
痛みの不安もないので、故障しないように気をつけながらトレーニングするだけです。今からは何をしても同じだと思っているので、調子を整える練習が最優先だと捉えています。出国前に準備は終えて、現地へ行ったらほぼ休む感じでレースを迎えようと考えています。

――大会へ向けて特に意識して取り組んでいることはありますか?
今までやってきたことを信じてやり切るという感じですね。あとは、練習で疲れが出たときの自分の気持ちのコントロールにも、気をつけていました。継続してトレーニングを行うために、疲れないよう練習することも大事ですが、当然取り組んでおきたい練習もあります。だから、疲れが出ている状態を想定し、対処の仕方を意識しながらトレーニングに取り組んできました。

――想定しているレースプランがあれば、教えてください。
基本的には自分の調子と相談しながら、順位の高い集団に入って、中盤から終盤あたりまではお互い助け合うようなレースができればいいと思っています。強い選手が飛び出したときにどう対応するかが鍵となりますが、自分のスピードと感覚を目安に、ついていくべきかを判断して進めていこうと思います。今回はまず50kmを歩き切るのが最低限のレースプラン。メダルに固執せず、レース全体を見て自分の歩きをしたいと思います。暑い中でのレースは初めてなので、その中でどのように組み立てるかはレースの中で決めていくつもりです。スローペースになればなるほど自分の得意分野になると思うので、設定タイムは作らず、集団で勝ちきることを意識してレースを進めたいと考えています。

――大会での目標、目指しているタイムなどはありますか?
20kmで世界記録を持っているので、50kmでも世界記録が目標です。記録だけではなく、もちろんチャンスがあればメダルという結果も望んでいきたいと思います。

――世界選手権への意気込みや思い入れがあれば教えてください。
50kmで出るのは初なので、今まで出場してきた20kmのイメージは捨てて、今回が初出場という気持ちでいます。過去は無いものとして、経験などは気にせずに挑戦者として気持ちよく練習して、勝ち切ることを目指したいと思っています。

――今大会は来年に向けてどのような意味を持つ大会になりますか?
来年のことは念頭にありますが、まずは目の前の試合を勝ち切ることに集中しています。競歩を始める前からスポーツ選手として、世界一になりたいと思ってきました。それに関しては世界選手権も変わりはないので、まずは小さい頃の夢を掴みたいというのがドーハへの思いです。もちろん、来年の優勝はさらに特別なものになるので、貪欲に目指していきたいと思っています。

――ファンへのメッセージをお願いします。
今大会は、先頭集団または銅メダルを目指せる位置でレースができる、自信と戦術を持っています。最後まで皆様を楽しませるようなレースにしたいと考えていますし、それができる自信もあるので、試合を見て応援していただければ幸いです。

【他出場選手コメント】
ウォルシュ ジュリアン、 髙橋英輝、 澤野大地、 佐藤拳太郎

競技日程

日付 現地時間 日本時間 種目 区分 出場選手 結果
2019年9月28日(土曜日) 17:30 23:30 男子棒高跳 予選 澤野大地 5m45
2019年9月28日(土曜日) 23:30 翌5:30 男子50km競歩 決勝 鈴木雄介
優勝
4時間04分20
2019年10月1日(火曜日) 16:35 22:35 男子400m 予選 ウォルシュ ジュリアン 45秒14
2019年10月2日(水曜日) 20:35 翌2:35 男子400m 準決勝 ウォルシュ ジュリアン 45秒13
2019年10月4日(金曜日) 23:30 翌5:30 男子20km競歩 決勝 髙橋英輝
1時間30分04秒
2019年10月5日(土曜日) 20:25 翌2:25 男子4×400mR 予選 佐藤拳太郎
ウォルシュ ジュリアン
3分02秒05
※競技開始時間は変更となる可能性がございます。