このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 第18回ジャカルタアジア大会(2018/インドネシア共和国・ジャカルタ) 岸本鷹幸 コメント
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

陸上 富士通陸上競技部

第18回ジャカルタアジア大会(2018/インドネシア共和国・ジャカルタ)

大会概要

第18回ジャカルタアジア大会(2018/インドネシア共和国・ジャカルタ)新しいウィンドウで表示

  • 開催日程

     2018年8月25日(土曜日)〜8月30日(木曜日)
  • 開 催 地

     インドネシア共和国・ジャカルタ
  • テレビ放映予定

     8月16日(土曜日)18時55分〜NHK系列にて連日生中継。NHK特設サイトはコチラ 新しいウィンドウで表示から
     8月19日(日曜日)18時30分〜TBS系列にて連日生中継。TBS特設サイトはコチラ 新しいウィンドウで表示から

出場選手コメント

岸本鷹幸 (男子400mH / 2大会連続・2回目)

岸本鷹幸

アジア大会は前回も出ているので、2回連続の出場になります。久しぶりの日本代表チーム参加なので、楽しさを感じています。

日本選手権で足を痛めたので、現在の調子は“悪くないが良くもない”状態です。それでも、少しずつ良くなってきている感覚があるので、大会までにどれだけあげていけるか。経験もあるので、最終的にはあわせることができると思っています。

ここ最近は海外でいくつかの試合に出場してきました。大会に向けた練習という意味では順調だと思います。休んでいた時間が少しあったので、試合までに走るスピードをどれだけ戻せるかが、ひとつのテーマになると思います。今は一時的に落ちている状態で、万全になれば速くなる実感はあります。ですので、練習でスピードを上げた走りがどこまでできるかが、鍵になると思っています。

最近の自分のレースパターンだと、前半でどれだけリードできるかが重要だと考えています。前半でスピードをあげて落とさない、前半逃げ切り型で戦いたいと思います。後半の粘りも、まだまだ自分の感覚では足りないので、後半の走りもテーマのひとつだと思っています。

前回大会が2位だったので、最低限でもメダルは獲りたいです。記録としては、48秒台は出したいと思っています。これからは国際陸連の世界ランキング制度も始まり、今後に向けて重要な大会になるので結果を大事にしたいです。海外の試合は、日本と雰囲気が違ってリラックスして楽しめる雰囲気があるので、そんなふうに“自分が楽しめる”レースを増やしていきたいと思います。

しばらく日本代表を離れていていましたが、今大会ではこれまでと違った成長を見せられたら、と思います。しっかり頭を使ってレースをして、いい走りを見せられるようにしたいです。日本選手権で優勝後、「おめでとう」というより「良かったね」と言われた方が圧倒的に多かったので、勝てないときも含めてずっと見ていてくれたのだなと改めて感じました。その皆さんのためにも良い結果を出したいです。


競技日程

日付 現地時間 日本時間 種目 区分 出場選手 結果
8月26日(日曜日) 20:25 22:25 男子400mH 準決勝 岸本鷹幸 50秒95
8月29日(水曜日) 06:00 08:00 男子20km競歩 決勝 髙橋英輝 5位入賞
1時間27秒31