このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン) 高橋 英輝コメント
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

陸上 富士通陸上競技部

第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)

大会概要

第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)新しいウィンドウで表示

  • 開催日程

     2017年8月4日(金曜日)~8月13日(日曜日)
  • 開 催 地

     イギリス・ロンドン

出場選手コメント

出場する4選手の大会への意気込みをご紹介します。

高橋 英輝(男子20km競歩 / 2大会連続・2回目)

高橋 英輝

世界選手権に向けて良い調整ができているので、自分自身手応えを感じています。今回は試合で100%の力が出せるように、怪我や体調管理に気をつけて、良い状態でレースに臨めればと思っています。

トレーニングに関しては、特に今年からメリハリをつけてこなすことを意識しています。負荷をかける時は限界まで追い込み、休む時はしっかり休んで疲労を取ることを心掛けることでパフォーマンス向上につながっていると感じています。

大会までの課題はフォームの改善です。以前のレースでは、序盤で警告を受けてしまったことがあるので丁寧なフォームを心掛け、体にあまり負担のかからないフォームで序盤を乗り切り、終盤のスパートで力を発揮できるようにしたいです。

過去に出場した2回の世界大会では、心身ともに余裕がなく自分の納得のいくレースができませんでした。特に北京の世界選手権は初めての国際大会ということもあり、事前に海外での長期合宿を組みましたが慣れないことが多く、練習環境面でも上手く順応できていなかったと思います。試合でも周りの雰囲気にのまれて、自分のリズムでレースを展開できませんでした。今回の世界選手権では今までの経験を活かして、気負うことなく自分の力を発揮できれば結果はついてくると思っています。

目標は8位入賞です。大会では私と同程度の力を持った選手が多数いるので、簡単なことではないですが、しっかり自分の歩きができれば目標を達成できると思っています。

先輩方の活躍のおかげで競歩という種目の知名度が上がり、そのような中で日本代表として世界選手権に出場できるのは光栄なことだと思っています。多くの方々に競歩の魅力を知ってもらえるように頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

※インタビューは6/30に実施

【他出場選手コメント】
高橋英輝、 松永大介、 潰滝大記、 佐藤拳太郎

競技日程

日付 現地時間 日本時間 種目 区分 出場選手 結果
2017年8月6日(日曜日) 10:05 18:05 男子3000m障害 予選 潰滝大記 予選敗退
2017年8月12日(土曜日) 11:50 19:50 男子4×400mR 予選 佐藤拳太郎 予選敗退
2017年8月13日(日曜日) 14:20 22:20 男子20km競歩 決勝 高橋英輝
松永大介
14位
38位
※競技開始時間は変更となる可能性がございます。