このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン) 佐藤 拳太郎コメント
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

陸上 富士通陸上競技部

第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)

大会概要

第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)新しいウィンドウで表示

  • 開催日程

     2017年8月4日(金曜日)~8月13日(日曜日)
  • 開 催 地

     イギリス・ロンドン

出場選手コメント

出場する4選手の大会への意気込みをご紹介します。

佐藤 拳太郎(男子4×400mR / 2大会連続2回目)

佐藤 拳太郎

まずはメンバーに選出していただいて嬉しく思っています。直近の7月22日(土)に出場した「KBC NIGHT OF ATHLETICS 2017(ベルギー)」では良い結果が出せず、チームとしても悔しい思いをしましたが、今はメンバー全員が世界選手権に向けてこれから頑張ろうという気持ちになっているところです。出場16か国中16番目での出場権獲得ですが、少しでも上の順位にいけるように上位にくらいついて決勝で走りたいです。

私は昨年の世界大会は補欠で走れませんでしたが、現地でレースを見て、世界と戦うためには前半から積極的なレースをしなければ勝負にならないと改めて感じました。近年はそれを意識して練習してきましたし、昨年よりタイムもレース展開も良くなっているので世界選手権で走るのが楽しみです。

大会までに劇的に何か変えるようなトレーニングはしていませんが、走るタイミングなどこれまで積み上げてきたことがブレないように意識して、今は練習しています。個人的には心身共に良い状態で、仕上がりは80%くらい。本番にピークを持っていけるように最終調整して、自分が任されたところで日本チームを少しでも上位に引き上げる走りがしたいと思います。

世界レベルの試合では、気持ちだけは絶対に負けないことが重要です。世界選手権にも「自分たちが一番速い」という気持ちで臨まないと、世界のトップ選手にはついていけません。チーム全体でのレースプランはこれから決めますがスピードレースになると思うので、前半からの積極的なレース展開と気持ちで絶対に負けないことを意識して戦いたいと思っています。

世界選手権での目標はメダル獲得です。リレー種目では4×100mリレーに注目が集まっていますが、自分たちも負けないように頑張りたいと思っています。個人的には、これまで2度世界大会のメンバーに選ばれましたが、どちらも補欠で走れなかったので、今回こそは3度目の正直で、走者として日本チームに貢献できるように精一杯頑張りたいです。

みなさんの応援が本当に力になります。4×400mリレーチームもですが、世界選手権に出場する選手みんなで精一杯頑張ってきますので、日本選手団全員に暖かいご声援をお願いいたします。

※インタビューは7/26に実施

【他出場選手コメント】
高橋英輝、 松永大介、 潰滝大記、 佐藤拳太郎

競技日程

日付 現地時間 日本時間 種目 区分 出場選手 結果
2017年8月6日(日曜日) 10:05 18:05 男子3000m障害 予選 潰滝大記 予選敗退
2017年8月12日(土曜日) 11:50 19:50 男子4×400mR 予選 佐藤拳太郎 予選敗退
2017年8月13日(日曜日) 14:20 22:20 男子20km競歩 決勝 高橋英輝
松永大介
14位
38位
※競技開始時間は変更となる可能性がございます。