このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

東日本実業団駅伝 潰滝 大記インタビュー「“果敢に攻める”スタイルで、チームに勢いを」

――東日本実業団駅伝まで1ヶ月を切りましたが、ご自身のコンディション、チームの雰囲気はいかがでしょうか?
潰滝 大記 春に比べると練習も順調にこなせていて、コンディションも上がってきました。今は怪我人も少なくなり、それぞれが自分の課題に打ち込んでいるので、チーム状況は良くなっていると思います。メンバー同士も普段からコミュニケーションを取り、とてもいい雰囲気なので、今のチームは上位を狙う勢いが感じられます。
――個人的な目標はありますか?
監督に任された区間の役割を果たし、区間賞をとりたいと思います。コンディションは好調を保てていますが、筋力・体力面に課題があり、納得のいく状態に到達していません。大会までにしっかり調整して、自信を持って本番に挑みたいです。
――勝負のポイントになる区間は、どこになると思いますか?
自分にとって今回が初めての東日本実業団駅伝となりますが、毎年テレビで見ていて、4区から差がでてくる印象を持っています。そこでどう粘り強く戦うかが大事になると思います。
――チーム内での自分の役割をどう考えていますか?
富士通に加入したばかりなので、周りに遠慮せず、新人らしい走りでチームに勢いをつけることだと思います。自分が勢いをつけて先輩たちと上を目指したいです。
――これから駅伝シーズンが始まりますが、どういう気持ちで臨みたいですか?
駅伝はチームプレーが重要なので、絶対に自分のところで足を引っ張ってはいけません。富士通の一員であるという緊張感を持ちながら、持ち味の「果敢に攻める」スタイルを崩さずに日々の練習に励んで、大会当日も頑張りたいと思います。