このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京) 鈴木 雄介コメント
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

陸上 富士通陸上競技部

第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)

大会概要

第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)新しいウィンドウで表示

  • 開催日程

     2015年8月22日(土曜日)~8月30日(日曜日)
  • 開 催 地

     中国・北京

出場選手コメント

出場する4選手の大会への意気込みをご紹介します。

鈴木 雄介(男子20㎞競歩 / 4大会連続・4回目)

鈴木 雄介

先日、5000m競歩・10000m競歩のレースで日本記録を更新し、イメージ通りのラップタイムで歩くことができました。今の状態を崩さなければ、大会で勝負できるところまで持っていけると思います。目指すのは金メダルなので、それに一歩でも近づけるように現地では頑張ります。

コンディションに関しては、順調な部分と少し不安なところがありますが、うまく調整していきたいです。

レースに関しては暑さもあるので、誰か先に行く人がいなければ、みんな自重してゆっくり入るレースになる可能性が高いと思っています。その後序盤6~8㎞あたりまでは自分の調子を見ながら行って、調子が良ければ自分で飛び出して、後ろが着いてこられないくらいのハイペースでラスト10㎞を歩けば、勝てるだろうと考えています。ラストまで先頭集団で戦える自信はあるので、それを崩さないようにいけば勝負できるかなと考えています。

レースのポイントよりも、“レース前にどこまで準備できるか”が自分の中の勝負のポイントだと思っています。今の実力であれば、ある程度良い状態でスタートラインに立てれば、金メダルに一番近いのは自分だという自信・認識・そして周囲の期待があります。なので、そういったものをプラスに捉えて準備すれば金メダルは手が届く範囲だと考えています。

個人的に今大会は『大きな目標の始まり』にしたいと思っています。色々なところで、これから続く3つの世界大会(今年の北京世界選手権、来年のリオオリンピック、その翌年のロンドン世界選手権)で金メダルを獲ると言っているので、その始まりである今大会が、最大の難関だと捉えています。最初の大会で金メダルを獲得できれば、続く大会においても余裕をもってメダルを目指せるので、良い始まりの年にしたいと思っています。

記録に関して目標は立てていません。今、記録を狙っても自分の世界記録なので(笑)。まずは勝ち切ること、暑い中でも18分半~19分切りで行ければ勝てるかなというイメージを持ちながら今は練習しているところです。

北京の世界選手権では応援してもらうというより、自分が応援するに値する歩きを見せることで、皆さんにワクワクドキドキ楽しんでもらえるようなレースをしたいと思っています。ですので、ぜひ8月23日(日)の午前中には1人でも多くの人にテレビを見て頂いて、最後まで私のゴールシーンを見てもらえるような、そんなレースをしたいと思います。

※インタビューは7/22に実施

【他出場選手コメント】
高橋英輝、 鈴木 雄介、 高瀬 慧、 岸本 鷹幸

競技日程

日付時間種目 出場選手
8月22日(土曜日) 12:40 男子100m 一次予選 高瀬 慧
18:35 男子400mH 予選 岸本 鷹幸
19:20 男子100m 予選 高瀬 慧
8月23日(日曜日)  8:30 男子20km競歩 決勝 鈴木雄介
高橋英輝
8月25日(火曜日) 19:30 男子200m 予選 高瀬 慧
8月26日(水曜日) 20:30 男子200m 準決勝 高瀬 慧
8月27日(木曜日) 20:55 男子200m 決勝 高瀬 慧
8月29日(土曜日) 12:20 男子4×100mR 予選 高瀬 慧
20:50 男子4×100mR 決勝 高瀬 慧
※「時間」は全て現地時間を表します。競技開始時間は変更となる可能性がございます。