このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 2015シーズン キャプテン紹介
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION
一般種目キャプテン 高平慎士 中・長距離キャプテン ギタウ・ダニエル

五輪に向けての最後の助走

高平慎士インタビュー

高平慎士
高平慎士
高平慎士

1984年7月18日生まれ
北海道出身

アジア男子短距離界のエース。アテネ以降、オリンピックは3大会連続出場。2008年北京オリンピックでは、チームメイトの塚原と共に400mリレーで銅メダルを獲得した。

――昨シーズンはどんな年でしたか?

日本代表のリレーチームが発足した初年度ということもあり、ワールドリレーズに挑戦したりと、変化のある一年でした。その中で世界大会でメダルを獲るには何をすればいいのか考えてきたので、日本代表チームに協力できる部分は積極的に連携していこうと思ってやってきました。自分の成績は別として、アジア大会で悔しい思いをした競技もあれば、いい結果が出た競技もありました。全て満足のいく結果にはなりませんでしたが、ある程度結果を残せた1年になったと思います。

――昨年の経験を踏まえ、今年はどういったところが課題でしょうか?

8月の世界選手権に向けて、自分の力をしっかり出せる状況を作らなければいけないと思っています。去年、世界の選手は体力を温存している場面があったので、今年はどのくらい本気でくるのかわかりません。しかし、簡単には勝負させてくれないと思うので、オリンピックに向けてどういったスタートを切るかが大事になってくると思います。僕自身は目標である世界のファイナル、19秒台に近づくためにどうチャレンジするかですね。その記録と結果が出れば、自分の中では満足いく年になると思います。

――今年は新人選手が3人入りましたが、何かアドバイスはありますか?

目の前の目標や課題に目を向けて、それをどうやってクリアしていくかが一番の目標になると思います。陸上競技が仕事であることを、自分でどう捉えていくかが競技者として大事なことだと思います。あまり考えすぎも良くありませんが、そこは大事にしてほしいです。

――キャプテンとして今後の富士通スポーツへの期待感や展望を教えてください。

会社の看板を背負い、日の丸を背負って戦う、そういうことに対して貪欲になって欲しいと思っています。富士通スポーツに所属している選手はみんながヒーローになれるし、エースになりうる選手ばかりです。その中で、一人ひとりの輝ける場所がここ富士通陸上競技部だったり、運動部であってほしいと願っています。キャプテンとしてこれをやらなければいけないということは考えていませんが、僕自身は陸上を通して人間的に成長できました。今後キャプテンになる、ならないに関わらず、他の選手たちも陸上競技やスポーツを通して成長していってほしいと思います。

――最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

鈴木雄介選手が競歩で世界記録を更新しました。私は、彼だけではなく陸上競技部全体として注目を集めていくことが必要だと思っています。そういったプレッシャーをしっかりと自分の力に変えていきたいです。いつも応援してくださる皆さんのためにも、自分たちが納得いく結果をたくさん残していきたいと思います。



“有言実行”を胸に五輪の切符をつかむ

星 創太インタビュー

星 創太
長距離 星 創太
ギタウ・ダニエル

1988年1月6日生まれ
福島県出身

駅伝の名門・駒澤大学から富士通に入社。1年目から駅伝メンバーに選ばれるなど活躍。2013年の日本選手権5000mで優勝を飾ると、東アジア大会も制覇。現在の長距離チームにおいて、最も頼れる存在となっている。

――新シーズン始動となりましたが、現在のチーム状況を教えてください。

春・夏で個人の自己記録更新を目指して、トレーニングに励んでいます。トラックでは5000mのレースが非常にプレッシャーになるので、競争意識を持つためにその練習を個人ではなくチームで行っています。そういった意味でも質の高い練習ができていると思います。

――昨年に引き続きキャプテンを務めることになりましたが、現在の心境を教えてください。

人生で初めてキャプテンになったので、どう仕事をすればいいのか悩んだ一年でした。その時に歴代キャプテンや監督に「チームがどうやって強くなればいいのかを、自分なりに考えて実行すればいい」とアドバイスをいただいたので、今年も自分のスタイルを変えず、チーム強化をしていきたいと思います。僕自身、練習中の背中を見せるとかそういうタイプではないので、積極的にミーティングを開き意見交換をして、個人の意識レベルを上げていきたいです。それがチーム力にもなり、駅伝にもつながってくると思います。

――昨年は目標に“挑戦”を掲げていましたが、今年の目標はありますか?

チーム目標でもある“有言実行”です。今年のニューイヤー駅伝が終わった後から、「今年一年、何かやり遂げられることをやろう」という取り組みをしています。この言葉が自分に責任感を持たせてくれましたし、オリンピック代表選考で有言実行しなければと思っています。今はオリンピックに向けた取り組みが一番の目標になりますね。チームとしては、個々の選手が自己記録を更新して、しっかりスピードをつけてから駅伝に臨むことが大事になると思います。

――今年の新人選手にはどういったことを期待されますか?

大学で活躍してきたエースといわれる選手たちが入ってきているので、新人だからといって遠慮せずに、練習でも試合でも自分の力を最大限に出してほしいです。それが、チーム力の底上げにもつながると思います。新人は新しい生活環境に慣れるまで少し苦労すると思いますが、コミュニケーションをしっかり取って、僕たち先輩がフォローしてあげなければいけないと思っています。

――今シーズンの意気込みをお願いします。

今シーズンは初マラソンを走ろうと考えています。まずはしっかりトレーニングをして、怪我をしない体を作って、練習で自信をつけてレースに臨みたいと思います。

――最後に、ファンの方へのメッセージをお願いします。

アメリカンフットボールも女子バスケットボールも、富士通スポーツは今波に乗っていると思います。その波に、僕個人としても長距離ブロックとしてもしっかり乗れるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。