このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 第14回IAAF世界陸上競技選手権大会 in ロシア=モスクワ
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

陸上 富士通陸上競技部

世界へ羽ばたけ!特集:第14回IAAF世界陸上競技選手権大会 in ロシア=モスクワ

大会概要

第14回IAAF世界陸上競技選手権大会 in ロシア・モスクワ 新しいウィンドウで表示

  • 開催日程

     2013年8月10日(土曜日)〜8月18日(日曜日)
  •  会 場 

     ルジニキ・スタジアム(ロシア/モスクワ)

出場選手コメント

出場する7選手の大会への意気込みをご紹介します。

高瀬 慧(男子200m / 2大会連続・2回目)

高瀬 慧

今は、不安と緊張が入りまじった心境です。試合に向けては、自分のベストな状態をつくりあげて、自信を持ってスタートラインに立つための準備を進めています。コンディションは、悪くもなく良くもないというのが現状です。本番で自分の走りができるかが課題になるので、あまり考え過ぎずに心と体の準備をしたいと思います。

最初の100mを10秒4くらいで走り、後半の100mを9秒9台で走るのが今の理想。レースの中でいかに力まず、リラックスできるかがポイントになるので、そこを追及していきたいです。目標は200mで予選を突破し、シーズンベスト・自己ベストを狙って、1本でも多く走ること。リレーも確実に予選を突破して、メダルを獲りたいと思います。

今回は、過去の世界選手権や五輪での経験を、活かした大会にしたいと思っています。世界大会でシーズンベスト・自己ベストを出すことが重要だと思うので、それを達成し2016年の五輪に繋げていきたいです。皆さんの応援を力にして、日本に元気や感動を伝えられるような走りができればと思います。

岸本 鷹幸(男子400mH / 2大会連続・2回目)

岸本 鷹幸

今回が3年連続3度目の日本代表となるので、今は落ち着いて練習に取り組めています。身体の状態に関しては、今年のシーズン前半に比べると動きもスムーズになり、かなり良くなったと思います。大会に向けては、今のところ特に大きな問題もなく、順調に練習を消化できています。これから大会まで、今まで自分がイメージしていた「楽に、速く」の感覚と、身体の動きを取り戻すことを意識して調整したいと思っています。

今の実力では、入賞という目標は厳しいかなと思っています。ただ、持ち前の勝負強さを発揮して勝負したいです。目標としては、今シーズンのベストである48秒台を出すことと、準決勝進出になります。

これまでの世界大会では、どこかしらにケガを抱えての出場でしたが、今回初めてケガもなく世界選手権を迎えられそうなので、気を抜かずにやっていきたいと思っています。ファンの方々は、いつも温かい応援ありがとうございます。今年こそ元気にモスクワの地を走り回ってきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

澤野 大地(棒高跳 / 6大会連続・6回目)

澤野 大地

大会を目前に控えてさまざまな思いはありますが、率直に答えるなら“楽しみ”の一言です。コンディションも、心身ともに良い状態にあると思います。今年は国内外での大会にも出場し、ほぼ予定通りにトレーニングできているので、順調と言えると思います。大会までは、現状の競技に対する課題を改善するということではなく、現在の自分の身体を最高の状態にもっていくことが最も大切だと思っています。

本大会での競技に関しては、2番手以下はほぼ同じようなレベルにあると思うので、つまらないミスをせず、一つひとつの高さを一回目でクリアしていくことが重要だと考えています。確実に予選を通過し、決勝で自分の納得のいく最高の跳躍をすることで、メダルから入賞ラインに届くと思っています。

私自身6回目となる世界選手権ですが、今大会はその集大成となるような、今までの経験を活かした落ち着いた試合がしたいです。いつも応援してくださっている皆さんに感謝の気持ちを届けられるような自分らしい跳躍で、モスクワの空を舞ってきます。

廣瀬 英行(男子4×400mR / 3大会連続・3回目)

廣瀬 英行

世界選手権に出場できることを大変嬉しく思います。ベストパフォーマンスで走れるよう、今までの経験を活かして、準備していきたい。今は、インドでのアジア選手権の疲れが少し残っていますが、世界選手権に向けて徐々に調子は上がっています。後半の伸びが持ち味ですが、トップスピードが自分イメージ通りにできていないので、大会本番までに動きを改善したいと思っています。

リレーという種目はレース展開によってスタートする位置も変わってくるので、今大会では周りの展開を考慮した上で、その時に合わせたレース展開をしたいと思っています。予選は自身の通過ラップタイムを44秒台でつないで、決勝に進出したいと思っています。決勝では、日本記録を出せたら嬉しいです。

今年は、世界選手権出場を目標にずっと練習してきました。本大会では「日本は4×100mリレーだけでなく、4×400mリレーも強いんだ」と思ってもらえるような走りをしたい。皆さんの応援が力になります。自分のできる精一杯の走りをしますので、応援よろしくお願いします。

鈴木 雄介(男子20km競歩 / 3大会連続・3回目)

鈴木 雄介

今年度は日本記録を2度も更新することができて、勢いに乗っているので、このまま世界選手権でも最高の結果を残したいという気持ちです。練習は、概ね計画通りに進んでいます。当日にコンディションを合わせられれば、良い結果、メダルがついてくると信じています。メダルを獲ることを目標に計画を立て、ほぼプラン通りにこなせているので、今までで一番と言っていいほどの練習ができました。現状では、コンディションを整えることだけを考えています。

今まで後半の勝負を意識してトレーニングしてきたので、実際に世界選手権のレースでは、それを実行したいと思っています。最大の目標は優勝です。最低でも、終盤勝負の場にいたいと思っています。

今回の練習状況から考えれば、優勝も十分に狙えると思っています。世界大会で優勝を狙える状況が今後もあるかどうか分からないですし、中学生の頃から夢として考えてきたことなので、今回のチャンスでぜひ掴みたいと思っています。そして、3年後のリオに向けて、勢いをつけたいと思います。

森岡紘一朗(男子50km競歩 / 5大会連続・5回目)

森岡紘一朗

今回が5大会連続5回目の出場ということで、自分を見失うことなく平常心でトレーニングできています。前回大会6位入賞のプライドもありますが、落ち着いてレース当日を迎えたいと思います。これから大会まで新しいことに取り組むよりは、今までやってきたことをベースに、レース当日に最高のパフォーマンスを発揮できる状態にすることが重要だと思っています。体調不良・故障に気をつけながら仕上げていきたいと思います。

競歩は、今大会の開催地でもあるロシアが非常に強く、今回もロシア選手を中心にレースが進んでいくと考えられます。当日のコンディションとレースの流れを読んで、その時に最も良いと思うレース展開を判断したいと思います。目標としては自己記録を更新し、前回の6位以上の結果を残したいです。

今年も勝負の年ですが、今回の結果をステップとし、今後大きく飛躍するきっかけとなるような大会になればと思います。これまで応援していただいた多くの方々に、感謝の気持ちを伝えられるようなレースをして、帰国した時に「よくやった!」と言っていただけるような結果を持って帰りたいと思います。

日本代表選手団男子主将として

この度、日本代表選手団の主将という大役を任されることになりました。
私自身、主将として何をすべきか・何ができるのか手探りの状況ではありますが、精一杯頑張りたいと思います。 それぞれが個々のやり方を尊重し、出場する種目に限らず、お互い刺激しあいながら良い結果を残していけるような雰囲気づくりをしたいと思います。 世界選手権後、皆が「今回の日本代表チームの一員になれて良かった」と思えるようなチームになれたら嬉しいです。 名誉ある日本代表選手団に選ばれたことを誇りとし、自覚と責任を持って、世界の強豪が集うモスクワの地で、選手団一同全力で大舞台に挑みます!

大利 久美(女子20km競歩 / 3大会連続・3回目)

大利 久美

昨年のロンドン五輪や世界選手権初出場の時に比べて、落ち着いた気持ちで準備できています。今年は世界選手権に向けて強化合宿を平地に変え、量・質ともに充実した練習を積んできました。今後はレースペースを意識したスピード感のある練習に取り組み、ペースが上がってもフォームが崩れないよう本番に向けて歩き方を洗練させたいと思います。

レースは天候にもよりますが、先頭はおそらく世界記録に近いタイムで推移するだろうと予想しています。私自身はそれに惑わされず、落ち着いたレース運びができればと思います。目標としては自己記録の更新、また簡単ではありませんが入賞など少しでも高い順位を目指します。

今大会は日本代表として悔いのないように、試合の雰囲気を楽しみながら、笑顔でゴールできれば嬉しいです。ファンの方々は、いつも温かなご声援ありがとうございます。ここ数年は海外レースで思うような結果が残せていないので、次こそは良い報告をしたいです。またモスクワの舞台で、少しでも競歩の魅力を伝えられたらと思います。

競技日程

日付時間種目 出場選手
8月10日(土曜日) 15:15 男子棒高跳 予選 澤野 大地
8月11日(日曜日) 22:00 男子20km競歩 決勝 鈴木 雄介
8月12日(月曜日) 16:05 男子400mH 予選 岸本 鷹幸
24:00 男子棒高跳 決勝(予定) 澤野 大地
8月13日(火曜日) 14:35 女子20km競歩 決勝 大利 久美
24:40 男子400mH 準決勝(予定) 岸本 鷹幸
8月14日(水曜日) 13:30 男子50km競歩 決勝 森岡紘一朗
8月15日(木曜日) 24:05 男子4×400mリレー 予選 廣瀬 英行
26:00 男子400mH 決勝(予定) 岸本 鷹幸
8月16日(金曜日) 15:35 男子200m 予選 高瀬 慧
24:40 男子200m 準決勝(予定) 高瀬 慧
26:30 男子4×400mリレー 決勝(予定) 廣瀬 英行
8月17日(土曜日) 25:05 男子200m 決勝(予定) 高瀬 慧
8月18日(日曜日) 21:50 男子4×100mリレー 予選 高瀬 慧
23:40 男子4×100mリレー 決勝(予定) 高瀬 慧
※「時間」は全て日本時間を表します。