このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. 2013シーズン 新人紹介
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

陸上 富士通陸上競技部

富士通陸上競技部に仲間入りした7人の新人選手をご紹介します!

岸本鷹幸

岸本 鷹幸(きしもと たかゆき)種目:400mハードル、出身校:法政大学

富士通には、大学の監督が富士通OBという事もあり、入社に際してはいろいろ相談して決めました。高校時代から高平選手や塚原選手の活躍を見て影響を受けてきましたし、“富士通のユニフォームを着ている人は負けない”というイメージが以前からあったので、自分もそういう存在になれたらと思います。

自分の特徴は、性格的にも競技的にもマイペースなところ。走りの面は、今まで色々と変えてきていますが、この冬季シーズンは監督の指示もあって前半型に変えました。ずっと昔から怖じ気づかないタイプなので、ファンの方には僕の自然体での競技を見てもらえたらと思っています。昨シーズンの後半は、怪我で結果が残せなかったので、ひとまず、今シーズンは怪我前の体に戻し、しっかり結果を残す事が目標です。今後は、今まで自分が先輩方の活躍を見てきたように、逆に“見てもらえる側の選手”になっていきたいと思います。

本塩 遼

本塩 遼(もとしお りょう)種目:短距離、出身校:城西大学

大学時代からずっと富士通のユニフォームを着るのが夢で、目指していました。富士通はすべてにおいて日本一の選手がいるチーム。そこに入れた実感が入社直前にやっと湧いてきて、今は競技者として責任感も感じています。

自分の走りの特徴は、試合のコンディションに限らず、状況によってうまく走れる点です。元々100mと200mが主体でしたが、去年は400mも走りました。今年は100m・200mでしっかり勝負したいです。今シーズンの目標は100mでA標準を出して、世界選手権に出ることです。まだ日本代表に一度もなったことがないので、日の丸をつけて100mとリレーに出たいと考えています。大学4年間のうち3年間を怪我で棒に振り、4年目にやっと思うような走りができたので、もうこれ以上の苦しみはないという気持ちをバネに、これから強くなっていきたいです。今後は、日本を代表するスプリンターになりたいです。

音部 拓仁

音部 拓仁(おとべ たくみ)種目:十種競技、出身校:平成国際大学

富士通入社は、大学の監督が富士通OBで、監督からの紹介がきっかけになりました。日本一の実業団チームというイメージがあり、実際にレベルの高いチームなので、自分もそれに見合った世界で活躍できる選手になりたいです。

十種競技の中ではスプリントが得意なので、混成競技100mの日本記録を狙いつつ、トータルでも記録を狙っていきたいです。課題は投てき種目だと考えています。あとは、気持ちの面で失敗すると落ち込む時があるので、しっかり切り替えられるようになりたいです。今シーズンの大きな目標は世界選手権出場。最低でもアジア選手権優勝に向けて、パワーをつけていきたいと思います。今まであまり成績を残せていませんでしたが、これからは、日本記録を目標に頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

平賀 翔太

平賀 翔太(ひらが しょうた)種目:長距離、出身校:早稲田大学

富士通に入社した理由は、マラソンで世界と戦えるだけの力をつけたかったからです。チームにはマラソンで強い選手や、世界で戦う選手がたくさんいるので、レベルの高い中で自分もやっていきたいと思いました。

どんなレースでも安定して走れるところが、自分の強みです。5000mよりも10000mの方が得意と言えるかもしれないですが、あまりペースを乱さずに走れるのが特徴です。今シーズンは、トラックレースの自己ベストが大学2年のものなので、まずはベストを更新したいと思っています。そして今後は、目標とするマラソンで結果を残せる選手になって、ニューイヤー駅伝などでも活躍できる選手になっていきたいです。ファンの方々には、自分の粘り強さを見てもらえればと思います。

佐藤 佑輔

佐藤 佑輔(さとう ゆうすけ)種目:長距離、出身校:日本大学

富士通には、大学の先輩である阿久津さんたちから話を聞いたり、練習に参加させていただく中で、チームの雰囲気がいいなと感じ入社を決めました。自分の考えも練習に取り入れる事ができるのも、合っていると感じています。

自分は、走りのフォームが少し変わっているのが特徴で、やや摺り足で走るのですが、これが監督によると練習を積める怪我しにくいフォームだそうで、エネルギーロスが少なくマラソンに向いているらしいです。なので、壊れない選手として大事なレースにしっかり合わせられる選手になっていきたいです。今シーズンは良いイメージで練習できているので、前半はトラックレースで頑張り、後半はこのまま量と質を上げてニューイヤー駅伝のメンバーに選ばれることが目標です。大学では納得のいく結果を残せなかったので、成長していく姿を見てもらえればと思います。

久我 和弥

久我 和弥(くが かずひろ)種目:長距離、出身校:駒澤大学

千葉県出身で地元なのと、高校時代に都道府県駅伝で富士通の選手と一緒に走ったのもあり、以前から富士通を身近に感じていました。世界大会に多くの選手を輩出しているし、会社のサポートがしっかりしているところが、入社の理由です。

あまり悪い結果を出さない、安定した走りが僕の持ち味です。今シーズンの目標は、まずこの春先で10000mか5000mの日本選手権標準記録を切り、上位の大会に挑戦すること。まだ自分の弱い部分を強化している段階ですが、今後は世界と戦えるレベルまで自分の可能性を広げて、2020年オリンピックでメダルが獲れるように挑戦していきたいです。学生時代は、自分が思うほどの結果を出せなかったので、社会人として期待以上の走りをしていきたいと思います。

千葉 健太

千葉 健太(ちば けんた)種目:長距離、出身校:駒澤大学

何回か富士通陸上競技部の合宿に参加して、ここなら自分は本当に強くなれると感じて入社しました。大学の先輩で憧れでもある藤田選手や福嶋監督の影響も、入社の動機になりました。

今まではクロスカントリーなどをよくやっていたので、アップダウンに関してはうまく走れる自信があります。トラックよりもハーフマラソンやロード種目が得意で、後半にしっかり詰めていけるタイプです。今シーズンは1年目なのでチームに良い刺激を与えつつ、少しずつ段階を踏みながら、数年後はマラソン中心に活躍できる選手になりたいです。富士通は長距離だけでなく短距離などでも、高いレベルを目指しているチーム。ニューイヤー駅伝では千葉がいるから強くなったと言って頂けるように、ファンの方々に自分の積極的な面を見てもらえればと思います。