このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. ニューイヤー駅伝2012 >
  5. 福井キャプテンインタビュー
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

陸上 富士通陸上競技部

福井キャプテンインタビュー

福井誠キャプテン ニューイヤーの先にマラソンを見据えて


前回はアンカーを務め、ゴール前のデッドヒートで惜しくも2位となった福井誠キャプテン。 今回のニューイヤー駅伝にかける意気込み、さらにはロンドンオリンピックを目指すマラソンについて話を聞いた。
前回のニューイヤー駅伝では、ラストで悔しい結果に終わりました。
それは今でもよく言われます(笑)。 ただ、勝って学ぶことより、負けて学ぶことの方が大きい気がしますし、いい方向に繋げられていると思います。 あの経験の後、練習の時でもラストを意識するようになりましたし、緊張感を持って取り組めるようになりました。
今の調子はどうですか。
自分としては、今シーズンはオリンピック選考会のレースということもありマラソンに挑戦したいし、福嶋監督にも今シーズンはそういう年だと言ってもらっているので、マラソン練習を中心に行なっています。春先はケガをしていましたが、6月くらいからは夏合宿を含めて練習を順調に消化できました。その結果、区間は5位でしたが東日本実業団駅伝では良いイメージで走ることができ、先日の八王子ロングディスタンス大会の10000mでも自分の設定していたタイムを出せていますし、感覚も悪くないです。
マラソンでの目標を教えて下さい。
2月の東京マラソンを走ります。目標は上位で2時間9分、できれば8分台を目指したいと思います。その記録が出せれば、ロンドンオリンピックも狙えるかなと思っています。
ニューイヤー駅伝はいかがですか。
やはり、キャプテンとしてニューイヤー駅伝は気になります。富士通はエースがいて、その選手ががんばれば勝てるというチームではなく、みんながしっかり走って結果が出せるチーム。トヨタ自動車や、旭化成と言ったチームがライバルになると思いますが、何より自分たちの力を出し切れないと勝てないと思います。
その点で現在のチーム状況はどうですか。
正直、少し不安です。東日本実業団駅伝でも、練習では悪くないのに、レースになると力を発揮できない選手が多かった。そう言った部分がチームの弱さだと思っています。前回、自分はギリギリでメンバーに選ばれましたが、今回は大丈夫だと自分で感じてしまっている。もう少し、メンバー選考で悩むようにならないと、強いチームにはならないと思います。
キャプテンとしてどうされますか。
もちろん、練習の時はメンバーに発破をかけていますが、特別なことは言っていません。人は言われて変わるのと、自分で変わろうとするのでは全然違うと思います。それでも富士通は1秒で勝ったり、1秒で負けたりしているので、勝った方が気持ちいいことを、みんな知っているし、そう思っているはずです。
では、最後に今回のニューイヤー駅伝にかける意気込みをお願いします。
今回は、若いチーム編成になると思っています。この駅伝をきっかけに目覚める選手もいると思うので、チーム一丸となって戦いたいと思います。
福井誠キャプテン
福井誠(ふくいまこと)
1984年6月5日生まれ 千葉県出身
大学時代から実力派の長距離ランナーとして、箱根駅伝などで活躍。 富士通入りした後も、1500mや全日本実業団駅伝等で結果を残し、最も将来が嘱望される選手の1人。