このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. ロンドン2012 >
  5. 横田 真人(男子800m)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

陸上 富士通陸上競技部

ロンドン2012 世界に挑む8選手を紹介!

横田 真人(男子800m)

メキシコオリンピック以来、44年ぶりに日本人として800mに出場することになりました。前回の北京オリンピックで出場権を逃して以来、オリンピックの舞台には人一倍強い思いで取り組んできました。目指した舞台に立てるのが今はすごく楽しみですし、どういう大会なのだろうという気持ちです。オリンピックに向けては、日本選手権で代表が終わってから疲労を抜き、今は再び走りこんでウエイトもして、もう一度体を作り直している状況です。自分が思ったトレーニングはできています。今後はヨーロッパで最終調整の合宿を行い、実践の動きを確認するため1試合に出場する予定です。

800mは組によってレース展開が大きく異なります。事前に想定していて違った展開になるよりは、想像をしないで本場に臨んだ方がいいと思っています。予選通過のラインも組によって違うので、良い流れの組に入れば日本記録が出ると思うし、そのくらいを出せれば準決勝も見えてきます。ですので、自己ベストを出して日本記録と最低限準決勝に進むのが目標です。800mには駆け引きなどの精神面が大きく関わるので、この4年間で培ってきたものをロンドンで思い切りぶつけたいです。

横田 真人現状で課題としているのは、きつい時に周りの選手との間にスペースを空けてしまうと、そこから海外の選手に入られることが多いので、改善したいと思っています。離されると追いつけないので、我慢して、勝負どころで反応できる位置にいたいです。ヨーロッパ合宿中の試合には、オリンピック出場予定選手がたくさん出てくると思うので、大会までに実践感覚を確認したいと思います。その他は今までと変わりなく、直感で柔軟に走りたいと思っています。

日本人は中距離が厳しいとずっと言われ続けてきましたが、オリンピック出場を諦めずにずっと挑戦してきました。日本の中距離選手の誰にも負けないくらい、オリンピック出場を強く思ってきたつもりです。そういった意味で4年間の想いをぶつけられれば、結果も出てくると思っています。出るからには決勝まで行きたいので、ロンドンでは結果を貪欲に追い求めます。応援していただく方には、そういった想いで走ることを知ってもらえたら嬉しいですし、その上で応援していただければもっと面白く見てもらえると思います。

横田選手の出場競技日程

日付 現地時間 日本時間 種目 区分 結果
2012年8月6日(月曜日) 10:50 18:50 男子800m 予選 予選敗退