このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 陸上競技部 >
  4. ロンドン2012 >
  5. 高橋 萌木子(女子4×100mリレー)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

陸上 富士通陸上競技部

ロンドン2012 世界に挑む8選手を紹介!

高橋 萌木子(女子4×100mリレー)

1964年東京オリンピック以来、48年ぶりの出場となる4×100mリレーに出場します。新チームは若い選手もいて、とても活気があります。新チームで初めて走ったオセアニア選手権では2走を任され、記録を出すつもりで臨んだのですが、バトンタイムが遅く結果は残せませんでした。練習では理想としているバトンタイムが出ていただけに悔しかったです。ただ、試合で足りない部分が見えたので、本番に繋がる試合になりました。今後、国内合宿をしてヨーロッパで調整してからロンドンに入りますが、合宿ではオセアニア選手権で見つけた"練習と実戦の誤差"を埋めたいと思っています。

オリンピックでは決勝まで行きたいと思っています。女子短距離は国内では日本記録を更新していますが、海外で結果を出していません。オリンピックや世界選手権などアウェーでも結果が出せるようなチームにしていきたいです。前回の世界選手権では42秒台を出さないと決勝に残れませんでした。43.39の日本記録を出しても、オリンピックだと決勝に進めない可能性があります。ただ、仮に決勝まで行けなかったとしても、日本記録など自分たちが納得するタイムで次に繋げる結果を出したいと思います。そのために、本番まで少しでも自分たちのパフォーマンスを高めたいです。

高橋 萌木子個人としてはレース後半の走りを意識しています。力んでしまうことがあるので、そうならないように気を付けています。昨シーズンは課題が多すぎて、時間が足りない状況に陥っていましたが、5月の静岡国際陸上の頃から少しずつ良くなり、6月の日本選手権からは調子も上向いて来ました。それでもまだ完成には程遠く、課題を片付けている状況です。もう少し時間がかかると思うので、今は焦らないようにしています。焦ればタイムは出るかもしれませんが、自分の陸上人生を長い目で見た時に積み上げてきたものが崩れてしまうので、今は着実に土台を大きくし、固めて記録を出したいと考えています。

チームはそれぞれの役割分担ができていて、皆が同じところを目指しています。そんなにうまくは行かないと思うのですが、オリンピックにしかない雰囲気を存分に感じたいと思っています。男子短距離の伊東浩司さんのように、女子短距離もロンドンオリンピックで少しでも光が見えるよう、自分たちの次の世代に繋げられるよう、切り開きたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

高橋選手の出場競技日程

日付 現地時間 日本時間 種目 区分 結果
2012年8月9日(木曜日) 20:20 翌4:20 女子4×100mリレー 予選 予選敗退