このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 松本愛美、田中真美子、ユニバーシアード代表インタビュー
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

女子バスケットボール 富士通レッドウェーブ

松本愛美、田中真美子、ユニバーシアード代表インタビュー

松本愛美

松本愛美ユニバーシアードのような大きな国際大会に出場するのは初めてですが、最年長として自分のプレーをしっかり出しながら、チームを引っ張っていけるように頑張りたいと思います。そして世界各国の選手と対決した経験を、今シーズンのレッドウェーブに生かしたいと考えています。

ユニバーシアードではレッドウェーブとは異なり、ポイントゲッターとしての起用になりそうです。その分、学ぶことも多いと思います。ゲームメイクよりも最後のシュートを託されるわけですから、自分がどういう状況でボールをもらいたいか、いつもとは異なる感じ方ができると思います。それを経験することで、レッドウェーブに戻ってきたとき、どんな状況でボールをもらえばシューターがストレスなく打てるか、どういう瞬間にノーマークになるのかといった、いつもとは違う見方ができると思うので、そこをしっかり覚えて、チームに還元していきたいです。

チームの目標である「金メダルを狙う」ということだけを考えていれば、届かない目標ではないと思います。年齢の若い選手も多いチームですが、年長者だからこそできることをして、必ず金メダルを獲って帰ってきたいです。


田中真美子

田中真美子2年前の前回大会で銀メダルを獲得しているので、今年のチームは金メダルを目指そうと、チームが一丸になって練習に取り組んでいます。私自身は前回大会にも出場していますが、今年のチームが持つ「日本らしさ」を出していけば、十分にチャンスはあると思っています。

今回は私よりも年齢が低い選手、つまり大学生が多いのですが、その選手たちもしっかりしていますし、選手個々が持つ“個の強さ”をひとつにまとめられれば、本当に強いチームになると感じています。そのためにも前回大会を経験した私が2年前に経験したことをしっかりとチームに伝えて、チームを一つにまとめていきたいと思います。もちろん私自身もコート上で自分のプレーをしっかり表現することが大切になると思いますので、プレー面でもチームに貢献したいと考えています。

目標である金メダルを持って帰ることはもちろん、レッドウェーブの今シーズンにこの経験を生かすためにも、全力で頑張ってきます。