このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. 女子バスケットボール部 >
  4. 第18回ジャカルタアジア大会(2018/インドネシア共和国・ジャカルタ) 篠崎 澪 競技後コメント
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

女子バスケットボール 富士通レッドウェーブ

篠崎 澪

バスケットボール女子日本代表 3位(4大会連続銅メダル)


「試合への準備や気持ちの持って行き方など、キャプテンとして色々学んだ大会」

篠崎 澪試合に向けて準備の仕方や3位決定戦の戦い方、キャプテンとしてチームをどうまとめるかなど、色々と学んだ大会でした。特に対戦相手の実力差が激しかったので、どの相手と戦うかによってチーム全体の気持ちもアップの時から違っていたり、気持ちの持って行き方が難しかったです。

強豪国の中国に対しては、1次リーグの対戦では完敗(73ー105)でした。ただ、準決勝で再度対戦した際には、最終的に負けましたが“みんなで守って全員で走る”自分たちのバスケットがそれなりにできたと思います。それは、1次リーグから決勝トーナメントに進むにつれて、チームが成長した部分だったと思います。ただ、身長差は埋め難いものがあり、全てのポジションでミスマッチになっていたので難しい試合になりました。

特にチームがまとまるためのターニングポイントになったような出来事はありませんでしたが、集合してから長い期間一緒にいる中で、それぞれが少しずつ自分の意見を言えるようになっていきました。その中で各選手が徐々に成長できたと思います。

今回は、私が一番年長だったのもあり、キャプテンを務めさせていただきました。それぞれが自主的に戦える選手たちだったので、キャプテンだからといって特別なことをしたわけではありませんが、カツを入れたりする場面もありました。「私生活でしっかりすることも、試合の結果につながってくるから」、といった声掛けは必要に応じてしていましたね。みんなが頼ってくれていたのも感じたので、個人的にもいい経験になったと思います。

シーズンに向けては、まだチームに入ったばかりでコンディショニング不足な部分もあります。ただ、チームを見ていてキラ(内尾)など若手がすごく頑張っているので、負けられないなぁという感じです。周囲からも「楽しそうにプレーしている」と声をかけられたりするように良い雰囲気の中で練習できているので、刺激になっています。

チームの目標は優勝です。個人的には、ウィル(山本)とリー(篠原)と3人でチーム最年長になるので、プレー面でもそうですし、しっかりチームを引っ張っていけるようにしたいと思います。1試合の平均点としては、20得点を目標に考えています。

速い展開のバスケットボールが富士通の特徴なので、自分の持ち味を活かしてスピード感をもたらすようにしていきたいと思います。あとは数字に現れないところを頑張りたい。例えば、自分が走ることによって周りをフリーにしたり、細かいところまでをしっかりできるようになりたいです。

アジア大会では、SNSなどでもたくさんメッセージをいただいて、すごくみなさんからの応援を感じました。本当に有難くて、感謝の気持ちでいっぱいです。でも、今度はWリーグのシーズンで良いバスケットを見せられるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。


競技結果

日付 現地時間 日本時間 区分 対戦 結果
8月15日(水曜日) 16:00 18:00 グループリーグ 香港 vs 日本 44ー121
8月17日(金曜日) 12:30 14:30 グループリーグ 日本 vs 中国 73ー105
8月19日(日曜日) 12:30 14:30 グループリーグ 日本 vs モンゴル 107ー35
8月21日(火曜日) 12:30 14:30 グループリーグ タイ vs 日本 41ー91
8月26日(日曜日) 16:00 18:00 準々決勝 日本 vs カザフスタン 104ー57
8月30日(木曜日) 12:30 14:30 準決勝2 日本 vs 中国 74ー86
9月1日(土曜日) 10:00 12:00 3位決定戦 チャイニーズタイペイ vs 日本 63ー76
銅メダル